Windows11のHomeとProの違いを完全初心者でもわかりやすく解説します

あなたはWindows11のHomeとProってどう違うんだろう?と疑問に感じていませんか?

違いを解説しているサイトやわかりやすい解説が少なかったため、こちらで初心者でもわかるようにやさしく解説しようと思い記事にしてみました。

どうぞ参考になさってください。

私はシスアドというITの資格保持者で、Windows使用歴は20年以上です。

Windows11のHomeとProの違いを解説

Windows11はHomeで十分

まずはじめにWindows11はHomeで十分であることをお伝えしておきます。

Home一択くらいの意識でOK!

Windows11の新機能の

  • ウィジット
  • スナップ機能
  • チャット機能

は全てHomeでも使えるのでご安心ください。

では、Windows11のProとは一体なんなのか?

イメージを図解にしてみました。

Proでは、使える機能が多い!

Proは基本的に、

セキュリティ面が強化されていること

ビジネスシーンにおいて便利な機能

が揃っています。

会社のパソコンをProで導入される方がいらっしゃいますが、Proの機能を使い尽くしている企業は実は少ないです。

なぜかというと、一般の人には不要な機能が多いからです。

Proの特徴を細かくみていきましょう。

Windows11のHomeにはないProだけの主な機能3つ

Proの主な特徴の3つはこちらです。

  1. bitlocker
  2. RAMの改善
  3. Hyper-V(ハイパーバイザー)

Proの主な特徴 ①bitlocker

bitlockerとはドライブごとにロックをかけることができる機能です。

起動するごとにロックがかかり、パスワードを入力しないとドライブを開くことができません。

これは紛失した場合の情報漏えいの役に立ちます。

すばらしい機能ではありますが、家で作業する人にとっては不要な機能ともいえるでしょう。

Proの主な特徴 ②RAMの改善

Windows 11のHomeとProはRAMの最大数が違います。

HomeエディションProエディション
ビット64bit64bit
CPU最大コア数64コア128コア
最大メモリ容量128GB2TB

  • Home 64コア&128GBのRAMまでをサポート
  • Pro 128コア&最大2TBのデュアルCPUをサポート

パッと見では、Proの方が優れているようにも思えますよね。

しかし、実際はWindows11でHomeの性能以上の処理を扱うことはありません。

ProのRAMが改善されている理由
  • 念のために用意された領域

Proの主な特徴 ③Hyper-V(ハイパーバイザー)

Windows11のProでは、Hyper-Vという仮想OSを起動することができます。

仮想OS ?

パソコンの中で、もう一つWindowsを立ち上げるイメージですね。

引用 Twitter

Windows11以前のOSを立ち上げることもできますし、MacやUbuntuというLinux系のOSを立ち上げることができます。

  • Mac
  • Linux
  • WindowsXPなど以前のOS

仮想OSは何のために存在するのか?

仮想OSを立ち上げて、

「Macでこれはできるのか?」

「Windows7であれはできるのか?」

Windows11上でテストや検証を行うのに利用します。

また、複数にOSを同時に動作させて、ネットワークを介して連携させることも可能です。

まさに、電気屋の専門家やプロバイダ業者専用の機能といえますね。

Windows11のProのその他の機能について

Windows11Proの主な機能以外については、これまでWindowsを使用してきた人にとっては不要な機能です。

キオスクモードとWindowsandboxについて簡単に説明すると、

「キオスクモード」は「ブラウザのみを見る」など制限する機能

「Windows sandbox」はWindows上でWindowsを立ち上げる機能に不随するもの

Proの機能は通信業者用、検証したい人向けだと覚えておけば間違いありません

Windows11がどんなものか見てみたい人は通販サイトLenovoがオススメです!

Windows11をご検討ならレノボが安心・安全です Lenovoサイト

Windows11のHomeとProどちらを選べばよいか?

ズバリ、Windows11はHomeで大丈夫!

まず、Homeエディションを選んでおけば間違いないです。

Proエディションはセキュリティの強化やビジネスシーンでの利用を意識した作りになっています。

簡単に要約するとこんな感じです。

  • Home = 一般向け
  • Pro = ビジネス向け

Proはビジネス向けとありますが、Proの

「リモート操作」

「仮想OSを立ち上げる」

「bitlocker」

という機能が必要ない人はビジネス向けとしての購入であってもHomeで十分です。

私のパソコンは偶然にも「Windows10 Pro」ですが、一度もProの機能を使ったことがありません。

Windows11最新情報も

Lenovoサイト

Windows11|HomeではなくProが向いている人は?

では、Proに向いている人とはどんな人なのかをわかりやすく解説します。

Proに向いている人は2種類あります。

Pro向きの人
    • 会社のPCとして導入したい人
 
    • 電気系、プロバイダ業者などの専門家
   

会社のPCとして導入したい人

まずは、会社を作るために大量にPCを導入したい人です。

セキュリティ面が強く、リモートアクセスができることは会社にとって便利な機能と言えるでしょう。

ただ、機能を使いこなすことができるのは電気系や、プロバイダ業者などの専門家だけですので小規模のオフィスやリモートアクセスが不要な会社はHomeで十分でしょう。

電気系、プロバイダ業者などの専門家

例えば、クライアントのパソコンを修理したいと思ったときに役に立ちます。

リモートアクセスを利用して問題部分を発見したり、仮想OSを立ち上げて検証することができます。

Proの機能はプロバイダ業者や電気系の業者以外では利用するシーンはほとんどないと思ってくれてもいいくらいです。

そのほか、かなり少数派ではありますがパソコンがもともと好きで詳しく、さまざまな検証をしたい人もProに向いています。

MacをたちあげてこのWindowsではインストールできたソフトはMacでもインストールできるかな?

LinuxとWindowsの仮想OSをたちあげて、ネットワークでつなげてセキュリティ面で問題なく通信できるかな?

と、かなり複雑な部分を検証したい人、マニアックな人には向いているでしょう。

番外編│Windowsをなくしちゃう人

パソコンを無くしちゃうということは、あまり考えられることではありません。

しかし、ホテルの忘れ物として意外に多いのがノートパソコンです。

スマホなどの通信機器を持ち歩くことによって、ノートパソコンから意識が離れてしまい部屋におきっぱなし。なんてことが意外に多いのです。

そんな方に使える機能がProの「bitlocker」です。

起動毎にドライブをロックされるので、誰かに見られても情報が漏えいすることがありません

もしも、ノートパソコンを持ち歩き、移動が多い人はProを選ぶのも1つの手かと思います。

おすすめの記事