Windows11のHomeとは?わかりやすく解説

今回の記事ではWindows11のHomeについて詳しく解説します。

Windows11にはエディションが2種類あります。

Windows11の種類

Home
Pro

今回はHomeに着目して解説いたします。

HomeとProの違いについてはこちらをどうぞ

さて、Homeとは一体何か?という本題に入ります。

Windows11のHomeとは

Windows11におけるHomeとはWindows11として扱うための条件がすべてそろっているものです。

車で例えてみましょう。

普通に購入して乗る=Home

ETC機能、カーナビ、マットなどのオプションをすべて揃えて購入し乗る=Pro

図解イメージはこちら

つまり、Homeは一般ユーザ向けということです。

ビジネスで使う人であってもHomeを選ぶくらいです。

基本的には、Proを知らない人はProを選ぶ必要がありません。

私は気づかずにProを選ましたが、Pro機能を一度も使ったことはありません

Proは一般的に企業向けです。

Windows11のHomeの特徴

shallow focus photography of macbook

Windows11のHomeの特徴は一般ユーザ向けに作られていること、つまり「誰でも使えるエディション」ということです。

これまで利用したソフトや、アプリもWindows11のHomeで使うことができます。

Homeでは使えないソフトやアプリは存在しません。

Proの特別な機能に不随するソフトであれば影響する場合があります

Windows11のHomeとProは基本的に性能が同じ

wood man person arm
Photo by Kulbir on Pexels.com

【Pro】というワードを見るとWindows11のHomeはProに比べて劣っていると思われがちですが、実は性能はほとんど同じです。

HomeとProの違うところ
  • HomeとProはメインメモリRAMの最大数が違う

Windows 11のHomeとProはRAMの最大数が違います。

HomeエディションProエディション
ビット64bit64bit
CPU最大コア数64コア128コア
最大メモリ容量128GB2TB

Windows11のHomeよりProのほうがCPU最大コア数や最大メモリ容量が高いのは事実です。

最大コア数って?
最近のCPUは、CPUの中にさらに複数のCPUが入っています。コア数が大きいほど複数の作業を並行しやすくなります。

ここがポイント!

Proのメインメモリの改善はあくまでも予備に設けられた容量
Home以上の性能をProで使うことはほとんどなし

  • 画像を編集するPhotoshop
  • 動画を編集する際のエンコード
  • ブラウザの性能
  • Windows上で操作したときのパフォーマンス

など、性能面でProとHomeで変化はありません。

むしろ、Proの機能のひとつ「VBS」がゲーム画面のカクつきを起こすことがあります。

ゲームのカクつきについて詳しくはこちらをどうぞ

まず、迷っている人はHomeで十分だということを覚えておきましょう。

Windows11のHomeとProの性能が同じ│Proの必要性は?

Proだけに備わっている機能は不要かと言われると、そうでもありません。

Proにも必要な人には必要な機能が備わっています。

主に、

  1. セキュリティ面
  2. リモートアクセス
  3. Windows上で他のOSを立ち上げることができる

など重要な機能もあります。

Windows11Proは企業向けです。

さらに電気事業者、プロバイダ業者など通信を検証する業者にとっては必要かつ重要な機能です。

逆に考えると個人で使う場合は確実にHomeだけでよいという考え方もできます。

個人でHomeかProか迷っているならHomeで大丈夫です。

以上、Windows11のHomeの説明でした。

おすすめの記事