Windows11のHomeからProにする料金は2万以上と高い!安くする方法3選

Windows11のHomeエディションからProエディションにアップグレードする方法はありますが、新しくOSを購入することになり、23,830円と値段が高めです。

Proの機能を備えるにしては少々高いように感じます。

そこで、できるだけ料金をおさえてHomeからProに変更する方法をご紹介します。

Windows11のHomeからProにする料金は2万以上!

OSを購入しようとすると、大手の通販サイトAmazonでも2万円以上かかります。

OSというものは主に

  • 初期化したあと
  • 組み立てたパソコンなどにインストールするとき

に購入するものです。

わざわざHomeエディションがあるのに、新品のProで上書きするのはもったいない気がしますよね。

HomeエディションからProエディションに変更する際に、安くする方法をお伝えします。

Windows11のHomeからProにする料金を安くする方法3選

①Microsoft Storeで半額で買える

実はMicrosoftStoreでは、HomeからProに変える際、通常の値段の約半分で買うことができます。

MicrosoftStore

値段は時期によって多少変動しますが、2022年9月現在は2万以下で購入することができます。

MicrosoftStoreを開いて、「Windows pro 」と検索してみましょう。

値段は時期によってかわるようなので、Proの移行を考えている方は早めに調べておいた方がよさそうです。

②未使用のProのライセンス

未使用や眠っているパソコンで「Windows7 or 8 or 10」のProはありませんか?

そちらのパソコンのライセンスを今使っているWindows11のHomeのライセンスに上書きすることでProに移行することができます。

ライセンスは一つにつき、一台と決まっています。

③未使用のOS、あるいはライセンスを持っている

OSには以下のようなものがあります。

  • OEM版 購入した時に最初からインストールされているもの
  • DSP版 PCパーツと一緒に購入できるもの
  • パッケージ版 OS単体で販売されている

序章でお伝えしたAmazonのライセンスは、パッケージ版です。

未使用のOS(CD)、あるいはライセンスを持っている場合は、そのまま設定からライセンスを入力してProにアップグレードすることができます。

おすすめの記事