Windows11の推奨スペックはPCが最新かどうかだけ│わかりやすく解説

Windows11のアップグレードが開始され、すでにかなりの時間が過ぎました。

Windows11にアップグレードされた人というのは実のところまだ少なく、Windows10のままという方が多いです。

困った男性
Windows11って不具合が多いってきくけど、実際どうなの?
困った女性
システム条件ではなく、どのスペックが良いのか知りたい

実際のところは、システム条件をクリアしているのにいざアップグレードしてみると動作が重かったり、不具合があるのが現状です。

このスペックならOK!

このスペックはNG!

と判断できるように、ズバリはっきりとお答えします!

筆者はこんな人
  • IT国家資格保持者
  • ITインフラ業務経験あり
  • Windows使用歴 20年以上

【愛用歴20年が教える】Windows11の推奨スペック

推奨スペックは、ズバリ最新のもの!
え?・・・それだけ?

実はWindows11の真のシステム条件は「新しいもの」であるか否かにあります。

古いCPUでアップグレードができないのは、新しくない、つまり古いからです。

パソコンやCPUが新しいものであればあるほど不具合も少ないという結果になります。

一概には言えませんが、新世代のCPUであればあるほど、パソコンの販売日が近ければ近いほどWindows11に向いているということになります。

最新のCPU

Intel製Core→第12世代

AMD製Ryzen→Ryzen 9シリーズ

むーらん
最新のCPUです。この2つのどちらかが搭載したパソコンなら、絶対に大丈夫!だけど、中古はだめだよ。

性能はここを見る!勘違いしがちなCPUのスペック

考えるひと
i7、i9なのにWindows11だと重いんだよね。なぜ?

私から見てもcorei7~i9のCPUは良い性能だと思います。

ただ一個だけ間違えちゃいけないのは、ココなんです!

  • i7 ←ココの数字で性能を見てはいけない

CPUによっては、i7よりi9の方が性能が低いこともあるんです。

表で説明します。こちらをご覧ください。

CPU性能(最高40)値段
Intel Core i9-990017約4万6,000円
Intel Core i7-12700K34約4万円

性能を見ると、i9よりi7のほうが性能が良いのがわかりますね。

あれ?どうして?

実は、性能を見る場合i5,i7,i9という数字よりも、その横の数字が重要なんです。

Intel Core i9-9900

Intel Core i7-12700K

i〇の右側にある数字を見ましょう。その数字が9なら9世代、5なら5世代、12なら12世代(最新)ということになります。

じゃあi5とかi9とかは、関係なし??
i5やi7というのは、実はCPUのコア数のことです。
どれくらい同時に処理ができるのか、動画編集ソフトで動画をエンコードする(完成させる)速さに関わってきます。数字が高いほどその性能が高くなります。

コア数は以下の場合でパフォーマンスを発揮します。

  • いくつもソフトをたちあげ、作業するマルチタスク
  • 動画編集の処理が多い作業=エンコード

逆にいえば動画編集ソフトを使わない人や、いくつもソフトを立ち上げる人でない限りi5でも12世代であれば、問題ないということになります。

もちろん、コア数が高ければ値段も跳ね上がっています。

i5からi7にコア数の開きがあり、値段の差もある

CPU総合評価値段
Intel Core i9-12900K40(最高得点)約6万円
Intel Core i7-12700K35約4万円
Intel Core i5-1260020約3万円

むーらん
同じ12世代でも、i5→i9でかなりのコア数が違うので、倍ほど値段も変わる。 その分さっき言ったようなマルチタスクやエンコードでパフォーマンスを発揮するよ。

もし私がWindows11を買うなら...

もちろんcoreシリーズのi7~i9の12世代!!

オススメするのもi7~i9の12世代ですね。間違いありません。

AMD系ならRyzen7~9がオススメです。

でも、高いんだよなぁ・・ウン十万するんでしょ?

確かに、最新のパソコンほど高いものはありませんよね。

20万円~というのが相場です。

そんな人のために、オススメの通販サイトを簡単にご紹介します!

通販サイトをご紹介!

安くて安心サポートもついているマウスコンピュータや、ゲームをしたい方ならサブスクリプションタイプのスグゲーがオススメです。

マウスコンピュータは国内生産が特徴です。Windows11対応のパソコンでもなんと10万円以下のものもあります。日本語のサポートもついているので安心ですね。

ゲームするならサブスクタイプの「スグゲー」がオススメ

参考URL スグゲー

12世代ってどれくらい凄いの?│CPUの評価から検証

CPU性能値段
Intel Core i3-3220(3世代)2約3500円
Intel Core i9-12900K(12世代)40約6万円

12世代がなぜそんなに良いのかを説明するために表で検証してみましょう。

まずは最近のもので性能が低いものと性能が高いものを比べてみました。

i3ときくと、そこそこ古めのスペックかなといった感じです。しかし、普通に起動をしてブラウザ、ワード、エクセルなどを操作するくらいなら何の問題もありません。

i3の古いパソコンでも簡単なゲームくらいなら起動もできました。

私は昔、i3の自作パソコンにてオブリビオンをプレイしてました(内蔵グラフィックカード)

12世代の40というスコアがどれだけ凄いかわかっていただけたかと思います。

まとめ

冒頭にも申し上げた通り、推奨スペックは新しければ新しいものが良いです!

7~8世代のギリギリのスペックの方は、以下の場合アップグレードを試してみてください。

  • Windows10で不具合がほとんど起こらなかった
  • PCと中身がすべて新品である
  • 処理が重いソフトは使わない

これまで不具合が多かったり、処理が重いソフト(ゲームやフォトショップなど)や、HDDや中の線が中古品である場合はWindows10を2025年まで使用した方がよさそうです。

2025年以降はWindows10を捨てなきゃダメ?
無料OSというものがあるので、そちらをインストールするという選択肢もあります。

LinuxというOSがあります。このLinuxには無料OS「Ubuntu」がありインストールすることができます。

お使いのWindows10をどうしても捨てたくないという人はこのLinuxもオススメです。

むーらん
実は私もつかっていました!

私はVISTAがサポート終了してから当分のあいだ、Linuxをインストールして使っていました。

UbuntuのほかにZorinOSというものがあり、これが使いやすくWindowsとよく似ていたので愛用させていただいてました。

以上、推奨スペックを私の観点からではありますが、ご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事