windows11【プロセッサがサポートされていません】とエラーが出る理由と対処法

あなたはwindows11にアップデートしようとすると「プロセッサがサポートされていません」とエラーが出て困っていませんか?

私も同じエラーが出て困っていました。調査する上でWindows11にアップデートできない理由と対処法がわかりました。

今回の記事では、エラーが出る理由と対処法をご紹介します。

windows11【プロセッサがサポートされていません】とエラーが出る理由

まず第一に考えられる理由としては

・システム要件を満たしていない

ということです。

システム要件はこちら

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上 かつ  2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ 
Core →【i5-8250U】以降
Celeron→【J4005】以降

AMD系→【Ryzen 5】以降

Corei3であっても8000あたりならアップデートできるようです。
CoreやCeleron系は2017年以降に発売されたCPUなら、ほぼwin11にアップデートできるようです。

※AMD系は2018年以降

メインメモリ
4 GB 
ストレージ64 GB 以上の記憶装置(HDD)
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応。
セキュリティに関するものです。

win10のPCによってはBIOSで設定が必要な場合もあるようです。
>>参考URL マイクロソフト
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。

win10のPCによっては無効になっている場合があるようです。
>>参考URL マイクロソフト
グラフィックス カードDirectX 12 以上
ディスプレイ 9 インチ以上で
8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
ほぼどのディスプレイでも対応しているようです。

システム要件が満たされているかもう1度チェックしましょう。

基本的なシステム要件
  • CPU (プロセッサ)
  • ハードディスク
  • メモリ

1. CPU(プロセッサ)

Windows11のアップデートで一番重要なのはCPUです。

CPUが古いとWindows11にアップデートできません。

どれくらい新しいとアップデートできるの?
アップデートができるCPUの目安はこちらです。

Core →【i5-8250U】以降
Celeron→【J4005】以降
AMD系→【Ryzen 5】以降

Corei3であっても8000番以降ならアップデートできるという報告があります。


CoreやCeleron系は2017年以降に発売されたCPUなら、ほぼwin11にアップデートできます。

またAMD系のCPUは2018年以降に発売されたCPUなら、アップデートができます。

※性能がシステム要件のライン上に位置するようなCPUではアップデートできない可能性があります。

1. ハードディスク

64 GB 以上の記憶装置(ハードディスク)があれば問題ありません。

ただし、Windows11にアップデート後、更新プログラムをインストールことを考えればハードディスクに余裕を持たせた方が良いでしょう。

250GBもあれば問題ありません。あとは個人に合わせてディスク容量を考慮していきましょう。

2017年以降に発売されたパソコンなら十分な空き容量を確保できているはずです。

2. メインメモリ

Windows11にアップデートする為には、メインメモリが4GB必要です。

システム容量確認方法 windows10の場合

  1. Windows10の左下のバーから「システム」と入力する
  2. 表示された「システム」をクリックする

このような画面が表示されます。

デバイスの仕様が表示され、ご自身のメインメモリ数がわかります。

(私の場合は12GB)

※表示されない場合は、キーボードの「 Ctrl + Alt + Delete 」を順に押して 「タスクマネージャー」を起動させると「パフォーマンス」のタブよりメモリ数がわかります。

システム要件にはこの3つだけでなく、聞きなれない条件が2つ含まれます。

基本的なシステム要件以外の要件
  • システムファームウェア
  • TPM

1つずつ説明します。

システム ファームウェアとは

電気機器に組み込まれているソフトウェアのことを指します。

家電製品や、ポケットWiFiにもファームウェアが入っていて、必要に応じて更新されます。

PCの場合はマザーボードのソフトウェアである「BIOS」のことを指します。

BIOSはパソコン本体に搭載されているハードウェア(キーボード・マウス・メモリ・CPU・ハードディスク等)の管理と制御を行っています。

Windows11にアップデートするには、「BIOS」ではなくBIOS上位互換の「UEFI」に変更する必要があります。


>>UEFIに設定する方法 マイクロソフト

TPMとは

TPMはマザーボードに備わっているセキュリティシステムのことを指します。

Windows11では「TPM 2.0」でないとアップデートできません。

>>TPM 2.0に設定する方法 マイクロソフト

システム要件を満たしているか自動でチェックしよう

Windows11にはアップデートできるのかを自動でチェックするツールがあります。

ダウンロードして実行すると自動でWindows11にアップデートできるかをAIが診断してくれます。

ソフトウェアはこちら

診断後に何がシステム要件を満たしていないのかを教えてくれます。

いかがでしたでしょうか。

中には、CPUのシステム要件が足らずWindows11のアップデートを諦めた人もいたかと存じます。

Windows11にはまだ不安な要素もあり、あえてアップデートせず様子を見ようという人も多いです。

Windows11の評判はこちらにまとめています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事