WMP以外で音楽CDをPCに取り込む方法│エラーの原因

困ってる人
WindowsMediaPlayerで音楽CDを取り込むと、なぜかエラーになる

Windows Media Player(WMP)で音楽CDを取り込むとエラーになる場合に、別の方法でパソコンに保存する方法を紹介します。

別の方法とは【MusicCenterforPCをインストール】することです。

今回はそのMusicCenterforPCのインストール方法をご紹介します。

Music Center for PC

WindowsMedia Player以外で音楽CDをPCに取り込む方法

パソコンで音楽CDを取り込むには、最初からソフトとしてインストールされている事が多いWMP(WindowMediaPlayer)を使うのが一般的ですが、音楽を取り込むとなぜかエラーになる場合があります。

その場合はMusic Center for PCを使ってください。

>> Music Center for PC

Music Center for PCってなに?

MusicCenterforPCはSONY社が配布している無料の音楽プレイヤーです。

WMPと同じように音楽を取り込むことができます。

それでは、リンク先のページを開いてインストールしていきましょう。

Music Center for PC

1 「Music Center for PC」をダウンロードをクリックしてダウンロードを行います。

 ファイル容量は約123MBです。

2 インストール

ダウンロードしたファイルを開いて手順に沿ってインストールを行います。

インストール中の様子

インストール完了画面

インストールが完了しました。

初回は自動で起動します。

2回目以降は左下のバーに【MusicCenterforPC】と入力して探してください。

3 起動して音楽CDを取り込む

起動した画面がこちらです。

左下あたりにあるメニューから【CD】を選ぶとこのような画面になります。

あとは音楽CDを入れて取り込めば完了です。

ほとんどの音楽プレイヤーに対応するMP3というファイル形式なのでWindowMediaPlayer12でも聴くことができます。

実際、僕もWindowMediaPlayer12で再生できました!

WindowsMediaPlayerで音楽CDをPCに取り込む時にエラーになった理由

原因その① フォルダが指定できていない

保存先が無効になっている場合があります。

WMPの【整理】→【ライブラリの管理】→【音楽】からフォルダを指定できているか確認しましょう。

(Windowsにはミュージックというフォルダがありますが特に決まりはないので、どのフォルダでも構いません。)

WMP12の場合の画面

フォルダをしているか確認

完了です。

原因その2 WMPの設定

取り込む際の設定を変えるとエラーを回避できることがあるようです。

整理からオプションをクリックします。

オプションの設定で【MP3】になっているか確認をします。

また、取り込む際に音質を上げすぎるとエラーになることもあるようなのでつまみを下げます。

ブログ管理者
うーん....WindowsMediaPlayerって意外と設定が細かいんだな。

シンプルな見た目に反して細かい設定が多くエラーになることが多いのもWMPの特徴の1つです。

音楽CDを取り込む回数が少ない人は、やはり別のMusic Center for PCなどの音楽プレイヤーを試すのも1つの手かと思います。

長年WMPを扱ってきましたが、取り込み&書き込みのエラーにはよく悩まされていました。

この記事はここまでです。

最後までありがとうございました!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事