SERPを忘れない方法│4文字英語のブログ用語・検索結果

あなたは、ブログ用語のSERPという単語をたびたび忘れてしまいませんか?

悩むひと
覚えたはずなのに、なぜか忘れてしまう。

しかも思い出そうとしても、「4文字・英語・検索結果・ブログ用語」と検索してもなかなか出てこないんですよね。

今回はSERPを忘れないよう簡単にインプットする方法をお教えします。

筆者はこんな人
  • シスアド保持者
  • インフラ業務経験あり
  • ブログビジネス歴 1年以上

SERPを簡単にインプットする方法

検索結果の始まる英単語は・・Pだっけ?

あるあるの間違え方ですよね。

私も勘違いしていました。

SERPは検索結果のことです。Googleなどの検索エンジンで検索したあとのページのことを指します。主にブログビジネスに使われる専門用語ですね。

SERPをカンタンに覚えることができる3つの方法をわかりやすくご説明します。

①SERPの読み方は「サープ」

  • SERPはサープと覚えましょう

「サープ 意味」と調べればGoogleの一番上に表示されます。 

あいまいなまま英単語で調べようとすると、別の英単語が出てくる場合があります。

ブログには無数の略称がございます。PV、CPC、ASP、SEO、似たような単語がズラリと並んでいますよね。

日本人はやはり、日本語で覚えてしまうのが一番です。

どうゆうこと?

ブログやSNSで伝えるときは「PV」「SEO」と書けば伝わりやすいですが、実際に言葉で使うときは「ページビュー」「エスイーオー」と呼びますよね。

SERPと見えたら「サープだ!」と頭の中で言えるようにしておけば、楽に覚えることができます。

アドバイス
Twitterなどで絡んでいる人に対して話すのをイメージするとインプットされやすいです。

②SERPを連想

連想する言葉といえばこんな言葉があります。

  • 「サーフィン」
  • 「ネットサーフィン」

ちょっと古い言葉ではありますが、サープ(検索結果)→サーフィン→ネットサーフィンと覚える方法も効果的です。

ネットサーフィンはまさにSERPをイメージさせるのにうってつけです。

③SERPはサーチエンジンのリザルトページ

連想と似ていますが、今回はSEとRPに分けて覚える方法です。

  • SEはSearch Engine サーチエンジン=検索エンジン
  • RPはResult Page リザルトページ=結果の画面

えぇーっと、4文字、英単語・・なんだっけ。検索画面の・・
天使
検索結果は「サーチエンジン」の「結果」よ....
サーチエンジン・・・SE! 結果はリザルトページ! SERPだ!!

毎回天使が教えてくれるわけではありませんが、とにかく「サーチエンジン」と出てくればSERPが出てきやすいかと思います。

覚え方まとめ
  1. SERPはサープと呼んで覚える
  2. SERPはサープ=ネットサーフィンと覚える
  3. SERPはサーチエンジンのリザルト画面(ページ)と覚える
むーらん
一番のオススメは、やっぱり「サープ」と覚えることですね。 

サープという言葉だけでもGoogle検索にひっかかりやすく、検索に対する時間を消費することがありません。

最後に

ブログビジネスをされている方は、初心者でも2年目でも、もしかしたらプロの方でも忘れてしまう用語が多々ありますよね。

今回はそんな用語の1つをピックアップして紹介しました。

SERPだけはなぜか覚えられない・・・という、私の悩みからつくった記事ではございましたが、あなたのお役に立てれば幸いでございます。

最後までありがとうございました。

おすすめの記事