キーワードプランナーで変なスペース(空白)ができる理由と対処法

SEOツールとして無料で使えるキーワードプランナーはたくさんのユーザに使われていて、検索需要を見ることができて便利ですよね。

しかし、実際にキーワードプランナーを使うと半角の変なスペースができます。

(「プロ野球」でキーワードプランナーをかけてみると「プロ 野球」と半角スペースができる)

今回はキーワードプランナーを使うと変な空白、スペースができる理由と対処法をご紹介します。

キーワードプランナーにかけると変な空白ができる理由

結論から言うと、変な半角のスペースができるのはGoogleの仕様です。

今回入力したのは「プロ野球」のサジェストでした。

すると、「プロ 野球」となり変な半角のスペースが入ってしまいました。

Googleキーワードプランナーではキーワードを1語ずつ読み取るクセがあります。

どの言葉がどの順番で入っているのかで把握している

「プロ」「野球」はそれぞれ別の言葉として認識させられたということですね。

ただ、Googleキーワードプランナーでは「プロ」「野球」も、「プロ野球」も全く同じ言葉として認識して検索ボリュームを出しているので安心してくださいね。

キーワードプランナーにかけると変な空白ができる場合の対処法

では、キーワードプランナーにかけると変なスペースができた場合どうすればいいかと言うと、シンプルに「置換」を使えば楽にキーワードの半角スペースを消せます。

スプレッドシートやエクセルの「置換」を使って半角スペースをなくす

一度ダウンロードを行い、Googleのスプレッドシートやエクセルから置換を使ってキーワードを整理します。

手順を1からご説明します。

1スプレッドシート、またはcsv形式でダウンロードする

キーワードプランナーにかけたら、ダウンロードを行います。

右上あたりにあるダウンロードマークをクリックしましょう。

csvファイルでダウンロードするか、Googleスプレッドシートでダウンロードするかを決めます。

csvファイルはエクセルに対応しており、他のエクセル系のソフトにも対応している

今回は、スプレッドシートでダウンロードしてみました。(エクセルでも操作は同じです。)

スプレッドシートはGoogleの無料で使えるエクセルのようなものです。

自動でスプレッドシートのページへ進みます。

エクセルの場合は、ダウンロードしたファイルをエクセルで開いてくださいね。

2置換を行う

メニューの編集から、置換を選びます。

エクセル、スプレッドシートで「Ctrl + H」を入力すると出てきます。さらに他のエクセル系のソフトでも置換の画面が出てきました。

置換画面が出てきます。

「プロ 野球」の半角を消して「プロ野球」に変えましょう。

完了です。

半角スペースが消されキーワードが修正されました。

上書き保存して終了しましょう。

SEO, 対処法の関連記事
おすすめの記事