AIブログくんを実際に使った感想を紹介!メリットとデメリットも

AIブログくんを実際に使った感想を紹介!メリットとデメリットも
  • URLをコピーしました!

最近では、AIでブログを書くツールも増えてきましたね。

AIブログくんってどうなの?
AIブログくんを使った感想が知りたい!

と気になる人の為に今回の記事で、AIブログくんを実際に使った感想をまとめたのでご紹介します!

目次

AIブログくんとは

AIブログくんとは、ブラウザ上から検索キーワードを入力すると自動で記事を書いてくれるツールのことです。

検索キーワードを入力すると自動で記事を書いてくれるツール

検索ボリュームや過去3か月の検索ボリュームが表示されるため、どれくらい検索されているのかも把握できます。

今回は、無料お試し(3記事分)を使ってみたのでご紹介します

AIブログくんで記事投稿するまでの流れ

AIブログくんで記事投稿するまでの流れは以下の通りです。

  1. AIブログくんの公式サイトにログインする
  2. ブラウザ上でWordPressと紐づけ設定をする
  3. ブラウザ上で検索キーワードを入力する
  4. 設定項目(文字数、WordPress or メールに送信、他細かい設定)で設定
  5. 1日程度待つ WordPress or メールに記事が届き完了

流れはカンタンで、投稿まで思ったほど難しくなかったです

AIブログくんを実際に使った感想

AIブログくんを実際に使った感想は以下の通りです。

メリットとデメリット

メリットデメリット
文字数を稼げる
文章が丁寧
情報が確か
画像選定がイマイチ
行間が。ごとに空けてない
地味な印象
リライトしないといけない
丸1日かかる

メリット

文章が丁寧で文字数はしっかり稼げます。(文字数は8000文字あたりまで設定できる。)

検索結果から確かな情報をひっぱってくるので、ChatGPTのようにウソを書くことがありません。

デメリット

全体的に地味な印象。

理由は装飾がないためです。

基本は

  • タイトル
  • 導入文
  • 本文
  • 画像

のみです。

画像の選定などはしてもらえるのですが、思っていたのと違う場合もあります。

例えば、看護師の記事を書きたいのに、ゲーム画面の主人公の画像が出てくることも

基本的には投稿した記事は、地味なテイストなので人によってはリライトを行わないといけません。

医療サイトなど地味でも伝わるようなジャンルであれば、そのままの投稿でも良いでしょう。

。ごとの改行がないこと、投稿に丸1日かかる(プランによっては1日で2記事まで)のも難点ですね。

AIブログくんの評価

AIブログくんで実際に書いてみた評価としては、75点くらいといったところ。

いくつかAI記事を試したことがありますが、AIブログくんは正直ランクが高いです。

chatGPTでは、検索結果などの競合やライバルを加味してくれないどころか、ウソの情報が入るし

ただ問題点はいくつかあります。

AIブログくんの問題点

AIブログくんで書いたことで問題点が出てきました。

キーワードが変わる

キーワードが変更されて投稿されてしまった。。

「〇〇(人の名前) 写真」で検索キーワードを設定したときに「写真」キーワードが「家族構成」のキーワードに変わって記事が作られていました。

SEOの基本としてはキーワード左寄せが鉄則なのですが、キーワードを変えられてしまっては意味がありません・・

こちらからあらかじめ決められたキーワードを設定した場合、キーワードが変更される恐れがある

AIブログくんの書き方として、

  • AIブログくんへログイン
  • 一つのキーワードを用いて関連キーワードをあぶりだす
  • そのキーワードで作る

という手順を踏んでおけば記事は間違いなく生成されるでしょう。

つまり、自分で書きたいと思う複合キーワードがAIブログくんの関連キーワードにあれば記事は書けるということになります。

AIブログくんを今後も使う?

ブログ管理者

まだまだ検証の段階ですが、使いたいと思います!だけど・・・・

自動生成して終わり

というわけではなくあくまでも補助的な役割として使いたいですね

ブログのお仕事は検索者の悩みを解決することですから、AIブログくんを使って記事を生成することは賛成です。

しかし、みんながこれを使ってしまったら独自性や、オリジナリティに欠けるブログが増えそうでちょっと嫌だな・・というのが実際の感想です。

Googleも独自性に欠けるブログは結局SEO的に価値が下がるので、あとはどのように工夫して読者の満足度を増やすのかが問題となるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次