EZbook X3 464の専用SSD換装は裏につけるだけで超簡単!やさしく解説

【EZbook X3 464】専用のSSD換装は簡単です!

実際にAmazonで購入したSSDを換装してみました。

換装の簡単2ステップ
  1. SSDの簡単な換装方法
  2. SSD換装後の簡単なPC操作

実際に使用したSSDの紹介もしています。(Amazon)

【EZbook X3 464】の裏面のSSDスロットを初めてご覧になった人も多く、増設の方法がわからなくて動揺された方も多いと思います。

誰でも簡単にできるので安心してくださいね。

今回の記事では優しく、丁寧に解説していきたいと思います。

【EZbook X3 464】とは

jumperというメーカーのパソコンです。

中国産ですが、企業信頼度が中国内でAAと高めです。(上から2番目)

パソコンの紹介

今回、SSDを換装するパソコンは【EZbook X3 464】という商品です。

13インチの薄型のノートパソコンです。

✓ ワードプレスでブログを書く

✓ ブラウザを開いて検索する

✓ Youtube、配信サイトで配信動画を視聴

など簡単な作業をするのに適したパソコンです。

詳しい性能やレビューはこちらをどうぞ

【EZbook X3 464】の専用SSDはちょっと変わったデザイン

ハードディスクと言えば、四角くて分厚いものを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし今回はこちらのHDDは使いません

【EZbook X3 464】で換装するのは【M.2 2242 Solid State Drive】という薄くて小さなSSDです。

重さは20g、大きさは4.2cm x 2.2cm x 厚さ0.1 cmです。

直接差し込むタイプのSSDで、【EZbook X3 464】の裏面のスロットに入れるだけです。

今回購入したSSDはこちらです↓ (250GB)

ハードディスクが独特でわからない
下記の3つのキーワードが入っていれば大丈夫です!

  1. M.2
  2. 2242
  3. SATA
  • 「M.2」はチップ型のSSD
  • 「2242」は物の長さ(2242は一番短い)
  • 「SATA」は規格

念の為、メーカーに正確な規格をきいてみたところ上記の3つが入っていればOKということでした。

POINT

どれを選べばよいのかわからない場合は、私が使用したものをオススメします。

【EZbook X3 464】のSSD換装の方法

PCをひっくり返して道具を準備します。

必要な道具
  • 専用SSD
  • 細めのプラスドライバー

test

ドライバーで開けましょう。

test

ネジを外します。

test

SSDを本体側の差込口に合わせて差し込みます。

test

ネジ穴に合わせる感じでSSDを差し込みます。

ネジ穴から少し浮いた状態となります。

(※作業中にSSDについていた紙が気になったので外していますが、特に外す必要はありません。)

test

ネジで絞めます。

test

完成です。

test

【EZbook X3 464】のSSD増設後のパソコンの操作

パソコンで操作をして、SSDをパソコンに認識させます。

①デスクトップ一番左下の「Windowsのロゴ」を右クリックして、ディスクの管理をクリックします。

②未割り当ての部分(上部が黒い線が入ってる部分)で右クリックして、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

基本的には、デフォルトのままで進めていただいてかまいませんが、念のため解説画像を入れておきます。

③確認(何もしなくていいです。そのままで次へをクリック)

④基本的にはそのまま(Dドライブ)でいいですが、どうしてもD以外の文字で認識させたい場合は、別のアルファベッドで指定してください。次へをクリックします。

⑤パーティションのフォーマット設定

こちらもこのままで大丈夫です。

※念のため、図と違う部分がないか確認してください。

⑥完了です。

上部が青い枠に変わり、Dドライブとして使えるようになりました。

おしまいです。お疲れ様でした。

SSDの換装なんて難しいと思っていた方も、意外と簡単でびっくりされたんじゃないでしょうか。

最後までありがとうございました!!

おすすめの記事