Windows11のタスクマネージャ起動のショートカットキーは【Ctrl + Shift + Esc】

Windows11のタスクマネージャ起動のショートカットキーは【Ctrl + Shift + Esc】
  • URLをコピーしました!

Windows11からタスクマネージャのショートカットキー変更されました。

タスクマネージャ起動のショートカットキー

Ctrl + Shift + Esc

CtrlキーからShift、Escと順番に押して起動してみましょう。

起動画面はこちら

目次

Windows11のタスクマネージャのショートカットキーが変更された理由は?

question marks on paper crafts

Windows10までのタスクマネージャのショートカットキーはずっと長い間【Ctrlキー+Altキー+Deleteキー】でした。

ショートカットキーはどうして変わったの?

と疑問に感じる人も多いはずです。

Windows11からタスクマネージャのショートカットキーが変わったのは現在明らかにはなっていませんが、おそらく「より簡易的にショートカットキーで起動させるため」ではないかと推測しました。

Windows10までのタスクマネージャ起動はCtrlとAltと押しながら、「Deleteキーはどこだろう?」と探すイメージだったと思います。

しかし、キーボードによってはDeleteキーがわかりづらい配置になっていることも。

※フルキーボードでは、Deleteキーが微妙な位置にある

Windows11からはタスクマネージャ起動が「Ctrlキー+ShiftキーEscキー」です。

EscキーDeleteキーと違って左上に固定されているので見つけやすいですよね。

考えようによってはキー入力が楽になったとも言えるでしょう。

Windows11ではユーザ体験を一新されたので、ユーザにとって使いやすさを求めた結果かもしれませんね。

長くWindowsを使ってきた私にとっては、慣れるのに時間がかかりそうだけど.....

Windows11でタスクマネージャを開く|ショートカットキー以外の方法

ほかの方法も知りたい...

タスクマネージャを開くのにはショートカットキーだけでなく、マウス操作で行うこともできます。

Windowsマークを右クリックして、タスクマネージャを選びましょう。

現在Windows11でタスクマネージャを起動させる方法はほかにもいくつかありますが、今回紹介した

ショートカットキー 【Ctrl + shift + Esc】
マウス操作 【Windowsマーク右クリック】

の2つが一番カンタンで使いやすいので覚えておきましょう!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次