Windows11のメモリの推奨は4GBではなく8GB!理由をわかりやすく解説

Windows11のメモリはいったい何GBがいいんだろう?

と不安になっていませんか?

実際のところ、Windows11のメモリの推奨は4GBとされているので4GBでも扱うことができます。

しかし、8GBのほうが安定して使うことができるんです。

その理由をご紹介します。

Windows11のメモリの推奨は4GBではなく8GB│理由は?

まずはWindows11の必要条件をご紹介します。

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ
メモリ4 ギガバイト (GB)

これらは Windows 11 を PC にインストールするための最小システム要件です。

Windows11では、「起動させているアプリの優先順位」が改善

このアプリの優先順位がメモリに深く関わってくるんですね。

Windows11の最小システム要件のメモリ数では、アプリの優先順位の改善ができはするもののWindows内で使うアプリの総数が多ければ多いほど負担になってきます。

Windows11を、

長く使いたい人
動画編集など重いアプリやソフトをたくさん起動する人
新しくWindows11を購入する

のであれば、8GBがオススメです。

Windowsのメモリ数を高くした方がいい理由2つ

Windowsのメモリ数が高い方が良い理由は2つあります。

理由①

まず1つめは、CPUの性能を活かすためです。

CPUの性能がよくても、メモリ数が低ければCPUの処理を行えずソフトの起動が遅くなります。

Windows11では性能の高いCPUを積んでいる可能性が高いです。その分メモリ数も高くないと意味がありません。

メモリ数をまな板に例えるとわかりやすいです。

どれだけ腕のいい料理人でもまな板が小さければパフォーマンスを発揮できないでしょう。それと同じことです。

理由②

2つめは、ソフトやアプリを速く起動&稼働させて時間を短縮させるためです。

Windows11のメモリ数は4GB以上が最低な必要条件です。

Windowsは、自分がクリックをしてソフトを起動させているだけではありません。

なかにはWindows内で自動で作業しているものもあります。

Windowsアップデートの準備
スタートアップアプリの稼働
常駐アプリの稼働

などなど、様々な作業を自動で行っています。

主にWindowsを常に改善する動きがあるのと、セキュリティからパソコンを守るためですね。

Windows11でアプリの優先順位が改善されたといってもアップデートやスタートアップアプリが多ければ

持論でもありますが、起動が速い&稼働中も軽いのはとてもストレスフリーです。

できれば必要条件よりメモリ数を少し高くするのがオススメです。

おすすめの記事