知らないと損!Windows11エクスプローラーの効率を上げるショートカットキー

知らないと損!Windowsエクスプローラーの効率を上げるショートカットキー
  • URLをコピーしました!

エクスプローラーで使用できるショートカットキーは、Windowsのファイル管理をより速く、より効率的に行うための便利なツールです。

初心者の方でも理解しやすいように、いくつかの基本的なショートカットキーを紹介します

コンテンツ

基本のショートカットキー

  1. Ctrl + E または Ctrl + F
    • エクスプローラーの検索ボックスにフォーカスを移動します。ファイルやフォルダをすぐに探し始めたい時に便利です。
  2. Ctrl + N
    • 新しいエクスプローラーウィンドウを開きます。複数のフォルダを同時に開いて作業したい場合に使います。
  3. Ctrl + W
    • 現在開いているエクスプローラーウィンドウを閉じます。作業が終わったウィンドウをすぐに閉じることができます。
  4. Ctrl + Mouse Scroll Wheel
    • ファイルとフォルダのアイコンサイズを変更します。マウスのスクロールホイールを使って、アイコンを大きくしたり小さくしたりできます。
  5. Alt + Left Arrow / Alt + Right Arrow
    • それぞれ「戻る」、「進む」の操作をします。エクスプローラーで前に開いたフォルダや、戻った後に再度進むフォルダへの移動が可能です。
  6. Alt + Up Arrow
    • 現在のフォルダの親フォルダに移動します。フォルダ階層を素早く上に遡りたい時に役立ちます。
  7. F2
    • 選択しているファイルやフォルダの名前を編集します。名前を変更したい時に直接使用できます。
  8. F5
    • エクスプローラーウィンドウを更新します。ファイルやフォルダが正しく表示されていない時に、画面を最新の情報に更新するために使います。

ナビゲーションと選択のためのショートカットキー

Windows・パソコン・キーボード
  1. Home / End
    • フォルダ内の一番上のアイテムに移動(Home)、または一番下のアイテムに移動(End)します。
  2. Ctrl + Shift + N
    • 現在のフォルダ内に新しいフォルダを作成します。新しいフォルダが必要な時に、メニューを開かずに素早く作成できます。

これらのショートカットキーを覚えておくと、キーボードだけでほとんどのファイル操作がスムーズにできるようになります。

慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、使いこなせるようになると大幅に作業効率が上がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ