Windows11が遅い時の改善方法4つと原因をわかりやすく解説!

Windows11が遅い時の改善方法4つと原因をわかりやすく解説!
  • URLをコピーしました!

Windows 11を使っていると、動作が遅くなってしまうことがあります。

Windows11が遅い!改善方法が知りたい!

このような問題に直面している方のために、本記事ではWindows 11のパフォーマンスを向上させるための具体的な改善方法を紹介します。

  • ハードウェアのスペック不足
  • 不要なバックグラウンドアプリの実行
  • ストレージの断片化
  • ウイルス感染

などの原因を特定し、効果的な対策を実行することで、快適な使用環境を取り戻すことができます。

コンテンツ

1. Windows 11が遅い原因とは?

1-1. ハードウェアのスペック不足

Windows 11の推奨スペックを満たしていない場合、動作が遅くなることがあります。

できれば4GBのRAMメモリと64GBのストレージが必要

です。

特に古いPCでは、パフォーマンスが大幅に低下することがあります。

1-2. 不要なバックグラウンドアプリの実行

多くのアプリが

バックグラウンドで実行されていると、システムリソースが不足し、動作が遅くなります。

タスクマネージャーを使用して、不要なアプリを特定し、無効化することができます。

1-3. ストレージの断片化

ハードディスクが断片化すると、ファイルの読み書きが遅くなります。

これにより、システム全体のパフォーマンスが低下します。定期的なデフラグが必要です​​。

1-4. ウイルスやマルウェアの感染

ウイルスやマルウェアがシステムに感染すると、パフォーマンスが低下

します。

最新のウイルス対策ソフトを使用して、定期的にスキャンを行うことが重要です​。

2. 基本的な改善方法

2-1. PCの再起動とデスクトップの整理

PCを再起動すると、メモリが解放され、動作がスムーズになります。

また、

デスクトップに不要なファイルを置かないようにする

ことで、起動時の負荷を軽減できます​。

2-2. Windows Updateの適用

Windows Updateを定期的に行い、最新のパッチやドライバーを適用することで、不具合を修正し、パフォーマンスを向上させることができます​。

WindowsUpdate・確認・アップデート

2-3. 不要なプログラムの削除

不要なプログラムをアンインストール

することで、システムリソースを解放し、動作を改善できます。

コントロールパネルから簡単に削除できます​。

  1. スタートメニューから「コントロールパネル」で検索
  2. コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」を選択
  3. アンインストールするプログラムを選択して右クリック

アンインストールが終わったら必要に応じて再起動してくださいね。

2-4. ディスククリーンアップとデフラグの実行

ディスククリーンアップツールを使用して、

不要なファイルを削除

し、ディスクの空き容量を増やすことができます。

定期的なデフラグも重要です​。

3. 詳細な設定でパフォーマンスを向上させる方法

3-1. 視覚効果の調整

視覚効果を最小限にすることで、システムリソースの使用を抑え、パフォーマンスを向上させることができます。

システムのプロパティから「パフォーマンスオプション」を選び、「パフォーマンスを優先する」を選択します。

3-2. 電源プランの変更

電源プランを「最適なパフォーマンス」に変更することで、CPUやGPUのパフォーマンスを最大化できます。

「設定」→「システム」→「電源とバッテリー」で設定可能です​。

3-3. メモリの増設

物理メモリの増設は、最も効果的なパフォーマンス向上策の一つです。

特に4GB未満のRAMを搭載している場合、8GB以上に増設することで劇的に改善されます​。

3-4. SSDの利用

HDDからSSDに変更することで、データの読み書き速度が大幅に向上し、システム全体のパフォーマンスが改善されます​。

4. トラブルシューティングと最適化のテクニック

4-1. DISMとsfcコマンドの実行

DISMとsfcコマンドを使用して、システムファイルの修復を行います。

これにより、不具合のあるファイルを修復し、システムの安定性を向上させることができます。

コマンドプロンプトを管理者として実行し、

「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と「sfc /scannow」を入力

します​。

4-2. エクスプローラーのクイックアクセスの最適化

エクスプローラーのクイックアクセスを無効化し、履歴を消去することで、表示速度を改善できます。

「フォルダーオプション」から設定可能です​。

エクスプローラーのクイックアクセスを無効化し、履歴を消去する手順

  1. エクスプローラーを開く
    • タスクバーのフォルダアイコンをクリックするか、Win + E キーを押してエクスプローラーを開きます。
  2. 「オプション」を開く
    • エクスプローラーの上部にある「表示」タブをクリックし、右端にある「オプション」を選択します。
    • または、「ファイル」タブをクリックし、「フォルダーと検索のオプションの変更」を選択します。
  3. クイックアクセスの設定を変更する
    • 「全般」タブで、「エクスプローラーで開く」のドロップダウンメニューを「PC」に変更します。
    • 「プライバシー」セクションで、「最近使用したファイルをクイックアクセスに表示する」と「頻繁に使用するフォルダーをクイックアクセスに表示する」のチェックを外します。
  4. 設定を適用する
    • 「OK」をクリックして設定を適用します。

クイックアクセスの履歴を消去する

  1. エクスプローラーのオプションを開く
    • 上記の手順2に従って、「フォルダーオプション」の「全般」タブを開きます。
  2. 履歴を消去する
    • 「プライバシー」セクションで「消去」ボタンをクリックします。これにより、クイックアクセスの履歴が消去されます。
  3. 設定を適用する
    • 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。

4-3. システムファイルの修復

システムファイルの修復は、システムの安定性を保つために重要です。

Windowsの標準ツール

を使用して、定期的にチェックと修復を行います​。

4-4. ネットワーク設定の確認と最適化

ネットワーク接続の問題がある場合、インターネットの速度やシステムの応答速度が低下します。

ネットワーク設定を確認し、最適化を行います​。

5. ユーザー独自のカスタマイズと高速化技術

5-1. 不要なWindows機能の無効化

使用していないWindows機能を無効化することで、リソースを解放し、パフォーマンスを向上させることができます。

例えば、CortanaやOneDriveの同期を停止することが挙げられます。

5-2. 高速起動の設定

Windows 11の高速起動を有効にすることで、起動時間を短縮できます。

「設定」→「システム」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」

から設定可能です。

5-3. レジストリの最適化

レジストリエディタを使用して、不要なエントリを削除し、システムのパフォーマンスを向上させます。

ただし、レジストリの編集はリスクを伴うため、注意が必要です。

5-4. サードパーティ製ツールの活用

CCleanerなどのサードパーティ製ツールを使用して、不要なファイルやレジストリエントリを削除し、システムの最適化を図ります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ