俳優の佐藤二朗は強迫性障害だった! いつから発症?どんな病気?

俳優の佐藤二朗さんは強迫性障害だったというニュースを拝見しました。

精神的な病気を持つような雰囲気はありませんでしたが、一体いつから発症したのでしょうか?それから、強迫性障害とは一体どんな病気なのでしょうか?みていきたいと思います。

この記事でわかること💡
  • 佐藤二朗さんのプロフィール
  • 病状の重さについて
  • いつから発症?
  • どんな病気?

佐藤二朗のプロフィール

本名佐藤二朗
生年月日1969年5月7日(2021年の誕生日で52歳)
出身地 日本・愛知県春日井市
身長181 cm
血液型A型
職業俳優・脚本家・映画監督
ジャンル映画・テレビドラマ
活動期間1996年 -
配偶者既婚
事務所フロム・ファーストプロダクション

佐藤二朗は強迫性障害だった!

実は佐藤二朗さんは、自身で「強迫性障害」だと公表してます。

2008年に佐藤二朗さんが

  • 監督
  • 脚本
  • 出演

を務めた映画があり、これは佐藤二朗さん自身の強迫性障害の体験を元に製作されたものでした。

※クリックで、Amazonの商品詳細ページへ飛びます。

佐藤二朗さんの強迫性障害について、詳細はありませんでしたが、ウィキペディアには載っていました。

2008年、『拝啓トリュフォー様』で地上波ドラマ初主演。同年、自らの強迫性障害の体験を基にした映画『memo』で監督・脚本・出演を務め、湯布院映画祭に招待された。

引用 ウィキペディア

佐藤二朗さんの強迫性障害は重いのでしょうか?

佐藤二朗さんの病状

意味のない言葉が頭に浮かび
それをメモにしなければ落ち着かないという症状。

そうだったんだ・・

特に長時間のプレッシャーがあると、メモを取りたくなるようです。

生活に支障がきたしているか?

現在も、強迫性障害の病気と闘っているようですが、生活の方は順調で奥様とお子様で暮らして、家庭円満で楽しい様子です。

8年間寄りそって、結婚された奥様もそれ相当の苦労があったと思いますし、それが出来たのはやはり佐藤二朗さんの「人間性」が良かったのではと思われます。

病気はいつから?
病気に気付いたのは幼少のころでした。
詳しく見ていきたいと思います。

佐藤二朗の強迫性障害はいつから発症?

いつから発症したか

小学生のテストで、答案用紙をメモ代わりにしてしまい、それをえんぴつで消したらしく、用紙がぐちゃぐちゃになり、これを見つけた先生が「なんだこれは」と言ったそうです。その時に佐藤二郎さん本人も「病気だ」と気づいたようです。

発症したのは幼少の頃ですね。

佐藤二朗の強迫性障害はどんな病気?

強迫性障害について

不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である

引用 ウィキペディア

手をずっと洗ってしまうとか、家の鍵を何度も確かめるなどの行動も、強迫性障害の一種だと言われています。

佐藤二郎さんの場合は、メモをとらないと気が落ち着かないというのがそれにあてはまります。

治療法は?

治療は主に心理療法によって行い、認知行動療法(CBT)や曝露反応妨害法(ERP)などが用いられ、時には薬物療法(SSRI)などが行われる(「強迫性障害#治療」を参照)。このような治療によって、症状が消失する。治療されなければ、その症状は数十年続きえる。

引用 ウィキペディア

主に心理療法で治療します。場合によっては薬物治療などもあるんですね。

佐藤二郎さんは現在も病状がありますが、病気によって俳優業がうまくいかないというわけではなさそうです。

佐藤二朗の強迫性障害に対するネットの声

佐藤二郎さんに特殊な病気があったってみんな知ってるの?

佐藤二朗さんの強迫性障害について、どれくらいの知名度があるのか調べてみました。

Twitterのコメントからみていきましょう。

https://twitter.com/hrm_i0630/status/1163984007354175488

知らない人と知っている人の割合はTwitterだと5:5ですね。

でも、知らない人の方がまだ多いと思います。

ご病気があっても、俳優を諦めずにがんばっている佐藤さんの姿がかっこいいですね。

お酒をよく飲まれるそうですが、飲みすぎには注意して、お身体も大事にしてほしいですね。

これからも頑張ってほしいですね。

そういえば、2021年6月より放送の【ひきこもり先生】とドラマの主演に抜擢されましたね。記事にまとめましたので、まだご覧になられてない方はどうぞ!

>>【新NHKドラマ】ひきこもり先生はいつ放送?内容やキャストも紹介!

最後までありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事