現在、話題沸騰中のガールズプラネット999で最後まで残ることができた坂本舞白さん。

坂本舞白さんは過去にJYP練習生として活動していました。

あなたは、ITZYのデビュー候補メンバーにまで残っていた坂本舞白さんがなぜITZYに入ることができなかったのか気になっていませんか?

また、なぜ坂本舞白さんがJYPを辞めてしまったのか。

今回の記事で明らかとなります。

まずは坂本舞白さんがITZYに入れなかった本当の理由からご紹介します。

坂本舞白がITZYに入れなかった本当の理由

坂本舞白さんがITZYに入れなかった本当の理由は【不遇のタイミング】【JYPによる構想】によるものでした。

不遇のタイミングとJYPによる構想って?

どのようなことなのかわかりやすく解説します。

坂本舞白さんは2016年に行われたJYPエンターテインメントの練習生12期オーディションを受験しました。

結果は2位という成績で合格

JYP練習生の一員となりました。

2016年〜2018年までの2年間、ITZYの現メンバーと共に練習生としてレッスンを受け、坂本舞白さんが19歳の時にITZYのデビュー候補のメンバーまで残ります。

しかし坂本舞白さんはITZYデビューメンバーから脱落してしまいました。

なぜ実力のある坂本舞白さんはITZYのデビューメンバーから脱落してしまったのか。

気になるのはITZYとしてデビューしたメンバーの国籍です。

・イェジ(韓国)

・リア(韓国)

・リュジン(韓国)

・チェリョン(韓国)

・ユナ(韓国)

全て韓国籍であることが分かります。

実はこのITZYデビューメンバーの決定時期には、ある構想があったといいます。

それは、NiZiUを輩出した、Nizi Project です。

NiZiUは全てのメンバーが日本人で構成されたことがとても印象的でしたよね。

日本人枠がNiZiU結成のために9人分確保されていたと考えるとITZYのメンバーが全て韓国国籍にするという構想があったことがわかります。

また、その当時から絶大な人気を誇っていた9人グループのTWICEは多国籍グループですよね。

様々なグループとの差別化を図ってITZYのデビューメンバーが決定したと考えられます。

それらの数々のタイミングが悪く重なり、坂本舞白さんはITZYのメンバーにはなれなかったのかもしれません。

実際のところ坂本舞白さんはどれくらいの実力の持ち主?
坂本舞白さんはJYPの練習生のオーディションで2位を獲得しています。
NiZiUのリーダーであるマコさんは翌年のオーディションで3位でした。

相当の実力者だということがわかります。

また、マコさん本人も「坂本舞白さんに憧れてJYPに入った」とNizi Project の中で話しています。

・ガールズプラネットでは坂本舞白はITZYの曲を踊っていた!

実は今回のガールズプラネットで、坂本舞白さんはステージでITZYの曲を披露しており、視聴者からは

・「これはアツイ!」

・「エモすぎ!」

などという声も上がっています。

曲のコンセプトにはもちろんぴったりと当てはまり、視聴者はダンスや表情管理に関しても感服といった様子でした。

坂本舞白がJYPを辞めた本当の理由

ここまで、坂本舞白さんがITZYのデビューメンバーから脱落してしまった理由や彼女の実力などについてお話してきました。

ITZYとしてのデビューを逃してしまった坂本舞白さんは、その後JYPを退社してしまいます。

一般的に坂本舞白さんがJYPを退社した理由は、ITZYのデビューメンバーに選ばれなかったからだと言われています。

本来、韓国アイドルのデビューメンバー候補に選ばれるとその後は、退社するか違う事務所に移籍するという選択肢になります。

なぜならば、1度デビューメンバー候補になると、次もJYPからデビューする可能性は極めて低くなってしまうからです。

そのため、坂本舞白さんがJYPを退社した理由はITZYのメンバーになれなかったからだと言えると思います。

坂本舞白はJYP引退後日本でバイトをしていた!

坂本舞白さんは退社した後、日本に帰国しアルバイトなどを経験したといいます。

どんなアルバイトしていたのかな?

東京でコンビニのアルバイトをしていたそうです。実家から通っていたのではという噂があります。

その後、韓国の芸能事務所143エンターテインメントの練習生として正式加入し、ガールズプラネット999への参加に繋がっています。

韓国の芸能事務所143エンターテインメントとは?評判も

韓国の芸能事務所143エンターテイメントとはその名の通り韓国の芸能事務所ですがインスタグラムとTwitterだけの情報となっており、どれくらいの人数が在籍しているかはわかりません。

>>143エンターテイメントのインスタグラム

>>143エンターテイメントのTwitter

ただ、フェイスブックでは

・坂本舞白

・カン・イェソ

・ガウン

の3名が在籍しているのは明らかとなっていますが、ひょっとすると現在はこの3名だけという可能性もあるようです。

なぜ坂本舞白は一度諦めかけたアイドルの道を再挑戦というかたちでガールズプラネット999に参加したのか

その理由はやはり、「アイドルになりたい」という本人の強い気持ちにあると思います。

小さい頃から、ユニオンルーキールームのタレントスクールに通い、レッスンを受ける日々でした。

ユニオンルーキールームユニット「α bubby’s(アルファバビーズ)」としても活動をしていました。

小学生の頃からレッスンを受けステージに立つなかで、アイドルや芸能活動に対する強い気持ちが芽生えていったのではないでしょうか。

そんな強い気持ちを持ち、努力することを辞めず夢を決して諦めなかった、坂本舞白さんのデビューを最後まで応援していきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事