【30代男】粘液嚢胞を手術したら再発した!原因はストレス?病気や自然治癒の治し方などを医者にきいてみた。術後の経過も

2021年4月9日、粘液嚢胞の摘出手術をしました。

この記事でわかること💡
  • 原因や再発の可能性
  • 粘液嚢胞とは
  • 自然治癒はできるのか、治し方などはあるのか
  • 手術や薬代にかかった費用
  • 手術から1ヶ月経った現在の様子
  • 民間の医療保険は使えるのかどうか「メットライフ編」

など実際の体験談をお話します。お医者さまにも色々と訊いてきました!

執筆者のプロフィール

名前 むーらん Twitter @mu_ran_net 

年齢 30代半ば

身長/体重 177cm/69kg

口の病気 粘液嚢胞は初めて経験しました。 

口の中を噛んでときどき口内炎になります。

粘液嚢胞の手術をしました! 

2021年4月9日に粘液嚢胞の手術をしました。

3月中旬から下唇の右側に水ぶくれができたのが始まりでした。

4日おきくらいに破裂して、また膨らんでをずっと繰り返すのです。

不信に感じたのでまずはインターネットで自分の病気を調べました。

繰り返しできる水ぶくれは、粘液嚢胞と呼ばれる病気で間違いありませんでした。

粘液嚢胞は歯医者さんによっては診てもらえるという情報をインターネットで得たので

近くの歯医者さんへ問い合わせしてみました。

「もしもし。唇に水ぶくれが繰り返しできるのですが、そちらで診てもらえますか?調べた限りでは粘液嚢胞だと思うのですが・・・」

歯科医受付「はい、とりあえず診察して診てみたいと思います。」

予約して歯医者へ

今しぼんだ状態ですが、芯が残ってる状態ですね。手術で摘出しても再発する可能性はありますし場合によっては痺れたりもしますが‥それでも摘出を望まれますか?

リスクはあるけど、治らないケースが多く摘出した方が手っ取り早いのかなと思ったので手術を希望しました。

粘液嚢胞について

そもそも粘液嚢胞とは何か

粘液嚢胞とは唇を噛んだときに唾液の出口が塞がってしまって他の場所から出てしまい唾液が溜まって水ぶくれになるという病気です。

手術するときは唾液がたまった袋を取ってさらにその奥の唾液を作る腺も取ります。

水ぶくれができないようにするという摘出手術です。

手術によって摘出したもの

・粘液嚢胞の袋 直径1cmの丸いもの

・袋の奥にある唾液を作る腺 長方形1cm (2~3個)

実際に見せていただきましたが、なかなかグロかったですね。

粘液嚢胞の原因ストレス?

粘液嚢胞になる主な原因は唇を噛むことです。

他にストレスでなる人もいます

唇をかむこと、またはストレスで唾液の出口を塞いでしまい、別の場所から唾液が出ようとして、水ぶくれができます。

僕は副業の勉強に必死になっていたことからくるストレスが原因でした。

寝ている間に噛んだ可能性もありますが、これといって噛んだ跡はなかったのでストレスで間違いありません。

怒りっぽい人や、イライラしやすい人、神経質な人は寝ているときに口の中を噛む癖があるそうです。気をつけてくださいね。

よく噛む人へ...

よく噛む人は、嚙み合わせが悪いんだそうです。

歯医者さんいわく、僕の口は

むーらんさんは、下のアゴが左へ寄ってますね。
それから、上下の歯がぴったり合ってしまっています。


ぴったりというのは、いいことじゃないんですか??

一番理想的な歯並びは、上の歯が下の歯を覆いかぶさるようになっている状態なんです。

「ぴったりくっつく」ときくと、きれいな歯並びだと思われがちですが、

そうではなく、上の歯が下の歯を覆いかぶさるのが理想だということでした。

噛み合わせを治す方法もありますが、保険が効かず何百万とかかるそうです・・さすがに諦めました。

Amazonで買えるかみ合わせを治せるかもしれない商品などを最後の方でご紹介します。

粘液嚢胞の再発の可能性

歯医者さんもお医者さんも声を揃えて

粘液嚢胞の再発の可能性はありますが、可能性としては低いです。

とおっしゃっていました。

再発する可能性としては低いようです。

※2021年8/5追記 

すみません・・再発しちゃいました。 前のように破裂したりはしませんが、少し膨らんでいます。

粘液嚢胞はしぼむ?しこりはそのまま放置して自然治癒する?

半年以上はかかりますが、いじったりしなければ自然にしぼむケースもあるようです。しかし歯や口内の環境が悪く粘液嚢胞に時々なってしまう人病状が悪化するので早めに摘出した方がいいかもしれません。

※ 僕の場合は粘液嚢胞の袋が深かった為縫う傷口も大きかったです。(1.5cm〜2cm)

人によって袋の大きさが違うとのことです。

粘液嚢胞の治し方

粘液嚢胞は一度水ぶくれができてしまうと、何度も水ぶくれができるのですが、手術にはリスクが伴います。

手術後のリスク

・手術した部分が痺れることがある

・粘液嚢胞の再発の可能性

摘出か、放置か・・・悩むところですね。

僕はしびれも、再発も今のところはありません。

しかし、粘液嚢胞が自然に治っていく可能性は低いので気になる人は手術をお願いした方が良さそうです。

粘液嚢胞の術後の様子 

まず、刺激物やお酒はダメということで、控えてました。

手術した部分は腫れがひどく(特に3日目くらいまで)まともに御飯を食べれなかったです。

いつのまにか、バイ菌が入ったようで、傷口が口内炎になり痛みは頂点に達しました。

ロキソニンを処方してもらい、痛みと闘いながら数日間過ごしていると、今度はロキソニンの飲みすぎなのか、胃が荒れて別の場所に口内炎ができて、これがとにかく痛かったです。

ウソ偽りなしで、この上唇にできた口内炎人生で一番痛かった

これ以上ロキソニンは飲めないと判断し急遽、こちらをAmazonで購入。

※クリックでAmazonの購入ページに飛びます。

綿棒などで塗るタイプの口内炎治療薬です。[800円程度]

麻酔成分が入っているので塗って1分~2分程度で痛みが治まります。のんだり、食べたりするとクリームが薄れてしまいますが、それ以外の時はすごく役に立ちました。

もう一個予備で買っちゃった・・・
痛いの嫌だから・・

それから約1ヶ月経ちました。

縫った糸は溶けて勝手に取れるというお話でしたが、手術してから1週間くらい経っても1,2本取れただけで、残りは口の中に残ったままでした。歯医者で経過を診ていただいたときに、細い道具で糸を取っていただきました。

現在は1本だけ食い込んでいて取れていません。また近い内に歯医者へ行って取ってもらう予定です。

※追記  糸は完全に取れました。 歯医者さんに糸を切ってもらったらスゥーっと簡単に取れました。 

手術は何科? 粘液嚢胞の手術費用など

僕は歯医者さんに病院を紹介していただきました。

とある病院の「歯科口腔外科」へ紹介状を書いてもらい、摘出手術を行いました。

手術の前に簡単な血液検査がありまして、その費用と手術費用と込みで5000円程度でした。

薬は、痛み止めと抗生物質をいただきました。 1週間分くらいいただき300円程度でした。

歯医者で経過をみたのが2回(内1回は化膿したのか傷口に口内炎ができてしまった)

次回で3回目ですが、全て合わせると7000円くらいですね。

離島だったので交通費が1800円くらいかかり、合計8800円くらいでした。

粘液嚢胞は民間の医療保険がきくのか?

僕はメットライフの終身医療保険に加入しています。

病院での手術なので、国民健康保険は効くのですが、民間の医療保険はどうなんだろう?と問い合わせしてみたところ、「外来の手術」に該当するらしく、25000円の保険金を振り込んでいただきました。

入院を伴う手術の場合はすぐに振り込んでもらえます。

>>メットライフ生命 終身医療保険 マイフレキシィ 詳細

すぐに振り込んでもらえるの・・・?

メットライフのアプリから医療明細書を撮って送るだけで指定した口座に25000円振り込んでもらいました。

僕の場合は手術が終わってから医療明細書を送った4日後に振り込まれていました。

いかがでしたでしょうか、まだまだ知らない病気があって怖いなと感じています。

マウスピースで保護しよう

口の中を噛んでしまって口内炎になっちゃう人や、粘液嚢胞が怖いと感じている人に朗報です。

口の中を噛んでしまう人にはこのアイテムがオススメです。

>>Denta+(デンタプラス) デンタルマウスピース 歯ぎしり 歯科医師監修モデル 3段階の硬さ調節 デンタルケア マウスピース

実際僕もこのアイテムを購入したら、口の中を嚙まなくなりました。

就寝中にはめて、起きたら水洗いして干してケースに入れるだけ。簡単です。

最初はプラスチックの匂いが気になったり、口の中で違和感を感じますが、すぐに慣れてきます。

現在でちょうど4ヶ月使用しています。

こんな人にオススメしたい
  • 就寝中に口の中を噛んでしまう人
  • 昼寝中に口の中を噛んでしまう人
  • あごのいがみが気になる人

僕は特に昼寝中によく噛んでしまうことがあり、それを防いでくれるので凄く助かっています。

また、噛み合わせ、アゴのいがみが気になる人は長く使用するといがみが治ってくるそうです。

僕はまだ完全にはかみ合わせは治りませんが、お昼寝中や食事中に口の中を噛むのは少なくなり、ほぼ噛まなくなりました。

皆さんもどうぞ、口内の病気には気を付けてください。

また口内の病気になってしまった方がいち早く治りますように。

この記事はここで最後になります。

最後までありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事