なぜ?乃木坂46の向井葉月が将棋フォーカスに 出演!その理由とは

あなたは、なぜ乃木坂の向井葉月が将棋フォーカスに出演してるの?と気になっていませんか?

実は私も気になっていました。

「将棋フォーカス」はNHKのEテレで放送されているNHKの番組です。その将棋フォーカスに、なぜ向井葉月さんが出演しているのか調査してみました。

向井葉月さんの出演理由は「伊藤かりんさんからオファーがきたから」です。

1つずつ深堀りして丁寧に解説致します。

なぜ?乃木坂46の向井葉月が将棋フォーカス 出演!その理由は

将棋フォーカスに出演している理由

向井葉月さんが将棋フォーカスに出演している理由は元乃木坂メンバーの伊藤かりんさんからバトンを渡されたからです。

向井葉月さんも将棋の腕前が多少あり、先輩の伊藤かりんさんから番組の司会を託されたということです。

 

そもそも、なんで伊藤かりんさんが将棋フォーカスの司会をやってたの?

将棋フォーカスから乃木坂にオファーがきたようで、伊藤かりんさんが立候補しました。

当時の気持ちとしては「正規メンバーだけど、どうしよう」という気持ちが強く、楽しさよりも不安が大きかったと話しています。

初回はゲスト出演でしたが、2015年から将棋フォーカス2代目総合司会を務めることになります。

元乃木坂46の伊藤かりんが将棋フォーカスを辞めた(卒業)理由

伊藤かりんさんは2019年に乃木坂を卒業しています。

将棋フォーカスはその直前に番組を卒業されました。

乃木坂にオファーが来たため、乃木坂を卒業するときにその区切りとして番組も卒業したということで間違いなさそうです。

将棋フォーカスの司会を4年間務めました。

将棋に対する姿勢や熱量が凄く、将棋の世界では注目されました。

伊藤かりんさんは卒業の一ヶ月後に第46回将棋大賞表彰式に出席し、日本将棋連盟から将棋親善大使を委嘱されました。

将棋大賞?  将棋親善大使? ってなに?

将棋大賞表彰式とは?

将棋大賞表彰式とは毎年4月に行われる表彰式で、成績が良かった棋士に対して表彰する式のことです。

将棋親善大使って何?

将棋の文化交流の増進を図るために任せられる称号です。

伊藤かりんさんは現在も将棋親善大使として、将棋イベント、将棋ラジオなど多数のメディアに出演されています。

乃木坂46の向井葉月は他にどんな番組に出演している?

乃木坂46でアイドルとして活動しながら舞台など出演されています。

2年前に舞台「コジコジ」の主演を果たしました。

乃木坂46向井葉月の将棋の実力・棋力

向井葉月さんは現在アマチュア4級です。

番組出演後に級をとりだして、まずは6級に合格しその後4級に合格しました。

4級って、どれくらいの腕前なの?

6級:定跡が少し分かる。

4級:簡単な5手詰めが解ける。定跡を少しだけ知っている。手筋が実践で使える。

将棋初心者を脱出せよ!棋力底上げブログ

6級は初級レベル、4級は中級レベルということです。4級の向井葉月さんは簡単な5手詰めの理解と、定跡の浅い知識、手筋を実践で使えるレベルです。

2019年11月に将棋を指導する中村太地さんから「2021年に1級を目指そう!」と目標を定められています。

向井葉月さんが1級までいけるかどうかが見どころですね。

伊藤かりんさんはアマチュア初段をもっています。

初段:基礎的なことは殆どできている。多くのアマチュア将棋ファンが最初に目指すレベル。詰将棋は9手詰が解ける。

将棋初心者を脱出せよ!棋力底上げブログ

乃木坂46│向井葉月の頭の良さ

向井葉月さんはどれくらい頭が良いのでしょうか?

乃木坂46が出演するバラエティ番組「乃木坂工事中」では、学力テストがありメンバー内でランキングされました。

向井葉月さんの点数は全教科100点満点中54点でした。

学力テストで一番高い点数は慶応大学に通っていた山崎怜奈さんでした。
山崎怜奈さんは70点だったということなので、向井葉月さんの学力はそこそこ。平均~上といったところでしょう。

乃木坂46向井葉月はどんな人?

乃木坂46の向井葉月のプロフィール

愛称はづき
生年月日1999年8月23日
現年齢21歳
出身地 日本・東京都
血液型A型
身長152 cm
向井葉月さんはこんな人
  • 明るいキャラクター
  • 負けず嫌い
  • 常に全力姿勢
  • 陸上部出身で、アイドルが好き

とても明るいキャラクターで乃木坂46の先輩後輩問わず人気があります。

乃木坂には2期生として応募しましたが、オーディションで落ちました。

3期生としてデビューしましたが、オーディションに落ちても3期生のオーディションに臨む向井葉月さんに根性強さを感じますね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事