【なぜ?】若者がから揚げにレモンをかけるのが嫌いな意外な理由

こんにちは!

唐揚げ大好き「むーらん」です。

今回は若者がから揚げにかけるレモンを嫌う本当の理由を調査してみました!

【驚愕の事実】若者がから揚げにかけるレモンを嫌う理由

まずは年齢に関係なくから揚げにレモンをかけるのを嫌がる理由をピックアップしてみました!

主な理由

「レモンがそのものが嫌い」
「レモンとからあげの組み合わせが嫌い」
「酸っぱいものは食べたくない」
「からあげがまずくなる」
「おかずなのにフルーティーになるから」

「他人の手で搾られたものは食べる気になれない」
「搾った人の手が不潔に見えた」

酸味は「腐敗のシグナル」、苦味は「毒のシグナル」と生まれながらに認識されているため、最初は拒否反応を起こします。その後、食べる経験を重ねることで(後天的に)美味しいと感じるようになっていくんだそう。

ニチレイ
むーらん
酸味は腐敗のシグナル・・

主な原因の1つは意外とレモンが嫌いな人が多いのも調査をする上でわかってきました。

もともとレモンや酸味の強いものは人間が嫌う傾向にあるようですね。

嫌いな理由は「酸味への慣れがない」ということです。

Q. 一生好きにはなれない?

慣れることで抵抗がなくなり、レモンを好きになる可能性もあるということです。

もう1つの原因をあげるとすれば、マナーや潔癖から来るもの。

人にレモンをかけられるのが嫌、人の手が嫌というコメントも多かったです。

大皿のからあげに勝手にレモンをかけるのはマナー違反だという声もあります。

「レモンが嫌いじゃないけど、勝手にかけられるのが嫌」

と、マナーの部分をちゃんとしてほしいという声があります。

むーらん
確かに、勝手にレモンをかけられるのは嫌かも。

一言「レモンをかけてもいい?」と聞いてからかけるのがいいようです。

ただ、結局レモンが嫌いな人でも「どうぞ」と言ってしまう事が多いため、改善はできなさそうです。

また「レモンをかけてもいい?」と聞いて「嫌です」と言われた場合、場の空気が悪くなるのが嫌なのでかける方も聞かずにかけている可能性もあります。

Q. ではどうすればいいのか?

レモンが好きな人と嫌いな人の為に個々のお皿にカットレモンを絞れるようにしたらいいですよね。

そもそも、なぜレモンが嫌い?

昨今は、専業主婦が減ってきています。

各家庭でそれぞれ好きなものを食べる傾向があり、また1人っこが多い事実があります。

周りに合わすことがない環境や、大勢で食事を摂る習慣がない家庭で育った人は好き嫌いがはっきりしている傾向があり、結果的に嫌いなものは嫌いとはっきり断る人が多くなったため嫌いなレモンを嫌煙する人が増えたのかもしれませんね。

むーらん
うちの家庭は6人家族!
王将のからあげにレモンは当たり前でした。

レモンに全く抵抗がなく、むしろ嬉しいタイプです!

僕はむしろレモンが好きな方で、刺身しょうゆ、お酒、焼肉、などなどいろんな食べ物にかけていただいてます。

ただ、相手の事もきちんと考慮して美味しくいただきたいですよね。

レモンが嫌いな理由はわかった。

気になるのは潔癖。一体どうゆうこと?

今を生きる若者は潔癖?

僕も知らなかったのですが、若い人たちは潔癖な人が多いということでお菓子を食べる回数も少なくなったと言われています。

むーらん
お菓子が嫌い??

ポテトチップスなど手でつまんで食べるお菓子を食べると、手に粉がついたりして汚れるのが嫌で嫌煙されているそうです。

中には、箸で食べる人もいらっしゃいます。

ずっと手でつまんで食べていた僕からすると衝撃の事実ですが、衛生面や汚れのことを気にするとこっちの方がいいようにも思えます。

ただ、やっぱりポテトチップスは手でつまんで食べちゃいますね。。

まとめ

・若者はレモンそのものが嫌い  (レモンを嫌煙

・勝手にかけられるのが嫌 (マナー

・他人の手が嫌 (潔癖

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事