なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由│キーはアクセルとブレーキ

あなたは、高齢者が運転を続けていることをどう思いますか?

私は、高齢者がハンドルを握り、運転をすることには反対です。

理由は、次のとおりです。

高齢者は、歳をとるごとに判断能力と運動能力が著しく低下します。

これら二つの能力の低下は、何と言っても、ドライバーには危険信号だからです。

そんな危険信号が灯っていながら車を運転することが正しいと言えますか?

まずは高齢者の事故が多い理由を調査してみました。

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由

高齢者ってなんで事故が多いんだろう?

人間は歳とともに持てる能力が低下します。

中でも、判断能力と運動能力の低下は防ぎようがありません。

この判断能力と運動能力の低下が痛ましい事故を引き起こすのです。

テレビや新聞でも話題になりますが、高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて歩道を歩いていた人の群れにぶつかって行ったとか、お店の窓ガラスを突き破って中に突っ込んでしまったなどの高齢者の事故がニュースが続いています。

アクセルやブレーキの踏み間違いは大きな事故につながる危険性が大です。

アクセルやブレーキの踏み間違いこそ、人間の能力の低下の表れです。

高齢化に判断能力、運動能力の低下に他なりません。

なぜ?高齢者の運転で事故が多いことに対する憤慨・憤りなど

高齢者による交通事故のニュースに触れるたびに、いたたまれない気持ちになります。と同時に、憤慨や憤りを感じます。

先日も、高齢者による事故の裁判が話題になりました。

この事故では、若い母親と小さい子供の二人が犠牲になりました。

事故の理由はここでも、高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いでした。

もし、これが若いドライバーなら同じ条件で判断を間違ったでしょうか。

歩行者に気づき危険と判断したら多分、ブレーキを踏んでいたでしょう。

高齢者ドライバーによる運転中のミスは、何もアクセルやブレーキの踏み間違いだけではありません。

その他にも、高齢者だから起こしやすいミスがあります。

その一つは、信号無視です。

高齢者は、判断能力や運動能力の衰えの他に視力の低下があります。

赤信号を無視して通行するようなことを起こしやすくなります。

クラッションの音が聞こえにくいなどと言われる聴力の低下も運転ミスを起こす大きな要因となります。

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由│キーはアクセルとブレーキ

テレビや新聞報道で流れるニュースを聞いたり、見たりしていると高齢者の事故のほとんどがアクセルとブレーキの踏み間違いによって大事故へと発展しています。

高齢者がアクセルとブレーキを間違える原因は、ドライバーの判断能力や運動能力の低下から来ていることは明らかでしょう。

事故を起こす高齢者は恐らくブレーキだと思っているアクセルを踏んでいます。

なぜ止まらないのかという志向に陥り、強く踏み込み建物などに当たって車が止まるまでアクセルを強く踏み続けます。これは怖すぎる勘違いですね。

ただ、それだけが原因というわけでもなさそうです。

今の車は、ほとんどがオートマチック車です。オートマチック車は、操作が簡単なようで実は難しい面もあります。

どうゆうこと?

特に高齢者はマニュアル車で育った世代です。

車の操作はアクセル、ブレーキ、クラッチと叩きこまれています。そんな高齢者にとっては実はオートマチック車には苦手意識があります。

とっさに判断しなければならない時に、マニュアル車の操作が、一瞬、頭を駆け巡るのです。それが大切な場面で判断ミスへとつながっていることも考えられます。

もし、高齢者による運転ミスがアクセルとブレーキに原因があるとするなら、その原因を取り除くことが最優先されるべきです。

マニュアル車のブレーキ方法

右足でアクセルとブレーキを踏む

右足でアクセルとブレーキを、左足でクラッチを操作

行政も車のアクセルとブレーキの踏み違いが起こらないような車の改修を急がせています。

また、最新モデルのメーカー車には、アクセルとブレーキーの踏み間違いが起きないようにシステムが搭載されています。

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由│自身の感想など

高齢者による運転ミスは大きな社会問題となっています。

一方で、なぜ、高齢者になっても運転を続ける必要があるのでしょうか。

都会では、交通網が発達し、通勤、通学、買い物など民間の交通機関を利用して移動することが可能です。

しかし、過疎化の進む地方では、交通手段の確保は厳しい状況にあります。

そんな暮らしを強いられる過疎地では車を運転することが、唯一の、交通手段なのです。

行政は、高齢者の運転免許の返納を急がせますが高齢者ドライバーには、簡単に免許を返納できない理由もあるのです。


こちらの記事は運営サイト管理者である私が募集した60代の男性に執筆していただきました。

高齢者の交通事故はあとを絶ちませんね。少しでも免許の返納者が増えてほしいと願っています。

介護の仕事をしていた頃に気付いたのですが介護サービスを利用する高齢者の方は「一人暮らしの高齢者」が圧倒的に多いということでした。

  • 周りから助けられていない
  • 家族も助けようとしない
  • 車を乗らないようにと言われない

などの要因から後期高齢者の方でも車を走らせてしまうケースが多いのではと思いました。

以前の職場では、社長が90歳ということでこんな質問をしてみました。

「社長、免許は返されないのですか?」

すると「そろそろ危ないからね。次の免許で返納するよ」とは口では言っているものの、結局のところ免許は返さず車に乗られています。

たまにその社長と道路ですれ違うのですが、車の横に幼稚園児が並んでいるのを見るとぞっとします。

このように、耳を貸さない人も存在しますが、だからといって放ったらかしにするのではなく、まずは私たちからも免許返納のアプローチをすることも必要なのではと考えています。

危険な走行で人が傷つくのは見たくありません。今後も、高齢者の事故は無くなっていってほしいと願いばかりです。

最後までありがとうございました。

[ このカッコ内は記事構成と呼ばれるもので、マニュアルの部分に当たります。

カッコ内は全て消去して上書きして執筆していただきますようお願いします。

※消す前に一旦、保存しておいた方が記事作成に取り組みやすいかと思います。

また、印刷しておくと次回も書きやすくなるためオススメです!

こちらは「導入・序章」の部分です。

タイトルを砕いたような表現の文章を120字前後でお願いします。

例→あなたは〇〇のことが気になっていませんか?

私も気になっていました。

しかし、調査することで悩みが解消しました!

今回の記事では調査結果をわかりやすくご説明しています。

この記事を読んで今すぐ悩みを解消しましょう。’’

導入・序章のコツは、タイトルを砕いて説明する感じでお願いします。

出来る限りでかまいません。 ]

【簡単な記事作成におけるルール説明】

・タイトルと見出しは触れず、記事構成にしたがって執筆

・読者目線で執筆 自分ごとのように読者にとってわかりやすい執筆

・中学生レベルまでの漢字を使う

・行間は。ごとに空ける

・装飾に関しては読者の目線を誘導する為に太字を入れる

・です、ます口調を使用

・「思います」は基本使わない(必要そうな場合は相談してください。)

・文字数1500字以上

文字数に関しては埋め込み以外の文字数だけでカウントしてください。

【文字数カウント方法】

カウントの方法は 上の ツール→文字数カウントでできます。]

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由

[ 記事の本題に入ります。

こちらの記事に対する検索ニーズは

・高齢者ってなんで事故が多いんだろう?

・高齢者が事故が多い理由ってなんだろう?

隠された検索ニーズとして

・高齢者の事故ってなくならないの?という疑問

・憤慨・憤りなどの共感

あたりです。

検索者のニーズを解決するのが貴殿のお仕事となります。

読者目線でわかりやすく執筆していただきますようお願いします。

まずは事故が多い理由を箇条書きで書いていただき、貴殿が感じた感想も述べてください。]

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由│キーはアクセルとブレーキ

[テレビで流れるニュースでは高齢者が車の運転時にアクセルとブレーキを踏み間違えるケースが多いようです。

アクセルとブレーキを踏み間違えて起きたニュースなどをインターネットで調べてわかりやすく執筆していただきます。それから、感想などあれば一言お願いします。]

なぜ?高齢者の運転で事故が多い理由│アクセルとブレーキを踏み間違える理由

[こちらのフェーズでは高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違える理由について

インターネットで調べて執筆してください。それから、調査したうえで感じたことなどがあれば執筆してください。

1500文字以上で書いて仕上がりましたら、メッセージにて報告してください。よろしくお願いします」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事