なぜ?桐生ココの卒業理由がヤバイ!原因を検証&ネットの声も

カバー株式会社が運営するホロライブのメンバーでVtuberアイドル桐生ココさんが7月の卒業ライブで卒業することになりました。

Twitterでトレンド入りされ、突然の事でファンの方たちも動揺を隠しきれず、混乱している様子です。

悲しいコメントで埋め尽くされていました。

桐生ココさんがどうして卒業する事になったのか気になりませんか?

卒業した理由について調査すると桐生ココさんの驚愕の卒業理由が明らかとなりました。

今回の記事でわかりやすくご紹介します。

【ホロライブ桐生ココ卒業】桐生ココとは

カバー株式会社が運営するVtuberアイドルグループのメンバーです。

現在チャンネル登録者数 117万人 (2021年6月9日)

桐生ココさんは、英語と日本語が話せるVTuberです。龍が如くでのゲーム配信の暴れっぷりから「会長」というあだ名で親しまれています。

作者yaman**(キャラクターデザイン)ぽんぷ長(3DCG)
プロフィール
愛称会長
生年月日紀元前1482年6月17日
年齢3501
性別女性
種類ドラゴン
身長180cm(ドラゴン時の頭頂高7m)

【ホロライブ桐生ココ卒業】卒業理由

卒業理由が本人からは明らかにならず仕舞いでしたが調査の上で「荒らし」による迷惑行為が原因だということが判明しました。

現在は、メンバーシップがなくなることが発表されています。

チャンネルは残りますので動画コンテンツは視聴ができます。

桐生ココによるコメント

「卒業理由については話せません。納得できないよね。」

調べているうちにいくつか理由が浮上してきました。

・YouTubeのアナリフィクス画面を中国がみたことで炎上し過激な荒らし(コメント欄を荒らす人)が増えた

・桐生ココと運営会社が謝罪をしたうえで、活動自粛を3週間行った

・運営会社のミスで荒らしにモデレーター権限を与えてしまった

・荒らしが大量に増えた

【ホロライブ桐生ココ卒業】卒業理由を検証

1つずつ深堀りしていきたいと思います。

アナリフィクス画面について

桐生ココさんは2020年9月25日の配信で「なぜ日本人は投げ銭が多いのか」ということを検証する為に、アナリティクスの統計データを公開したそうです。

視聴されている国の上位に「台湾」が表示されており、配信を見ていた中国の方々がその表示に対して

「台湾を一国の国として紹介し、政治的な干渉をした」


となり、なんと国際問題にまで発展したのです。

中国は台湾を自国のものという概念があるのに一つの国として認識したことが炎上のきっかけとなりました。

3週間の謹慎処分

桐生ココさんの配信では、台湾や中国をバカにしたわけでなく、一国の国として表示していたYouTube側に問題がありそうなものですが、何故か3週間の謹慎処分を受けます。

また同時期にアナリフィクスを公開してしまったホロライブVtuberの赤井はあとさんも3週間の謹慎処分を受けてしまうという結末を迎えます。

運営会社が荒らしにモデレーター権限を与えてしまった

なんと運営は間違えて荒らしにモデレーターを与えてしまいます。

YouTubeにおけるモデレーターとは権限のことを指します。

権限を荒らしに与えてしまうとどうなるかというとチャンネルのファンをブロックすることができます。

モデレーター権限を与えられた荒らしは、桐生ココさんの配信のファンを次々とブロックするようになります。

この問題は現在解決しているそうですが、桐生ココさんは自分の案を伝えると運営は全て却下してしまいました。

それから桐生ココさんは運営に対して不信感を抱くようになります。

減らない荒らし

荒らしは減ることがなく、増える一方でした。

桐生ココさんは卒業せざるを得ない状況になり、結果的に卒業をするということになりました。

おそらくホロライブを続けたかったでしょう。

桐生ココさんの悔しい思いを考えると胸が詰まります。

卒業理由はYouTubeの配信で表示された【台湾一国表示問題】がきっかけで荒らしが増え、継続的に荒らしが減らないということで間違いなさそうです。

【ホロライブ桐生ココ卒業】卒業理由を検証 ネットの声

悲しみの声が多くあります。

突然の事でびっくりした人も多かったのでしょう。

桐生ココさんのファンの人達は桐生ココさんの為に大人の対応をするとのことで誰かを攻撃したり、会社をたたいたりするような事はしない姿勢を見せようとファンの間で声をかけあっています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事