【なぜ?】セブンイレブンのからあげ棒がなくなる理由を徹底調査!

ニュースサイトJ-CASTニュースよりセブンイレブンのホットスナック「からあげ棒」が既に販売を終了していることが明らかになりました。

からあげ棒がなくなったのはなぜ??
からあげ棒は海外で冷凍され、運ばれてきます。
からあげ棒がなくなった理由はコロナ禍で海外からの流出が滞ったためです。

2021年9月から既に販売が終了しているということで、ネットでは悲しみの声があがっています。

地域によっては引き続きからあげ棒を買えるセブンイレブンも存在します。

今回の記事ではからあげ棒が買えるセブンイレブンや販売再開の時期についても調査してみました!

この記事でわかること
  • からあげ棒がなくなった理由について
  • からあげ棒が販売が再開する時期
  • からあげ棒が買える地域

セブンイレブンのホットスナック「からあげ棒」がなくなった理由

セブンイレブンのホットスナック「からあげ棒」がなくなった理由は、海外からのからあげ棒の流出が滞ったためです。

疑問に思う人
どこの国からの流出が止まったの?

流出が滞った国は鶏肉の原産国であるタイです。

そもそもコロナ禍で輸入が滞る理由って?

コロナ禍で流出が滞る理由は?
経済産業省の報告では、人の移動が減ったために物資が不足しているとのことです。

このコロナショックでは、まず、供給面でのショックが生じた。人同士のコミュニケーションが制限され、人の移動が滞ることで、その結果として、生産活動や物流が停滞し、物資の不足が生じることとなった。

経済産業省

おそらくですがコロナ禍で日本とタイの往復がしにくくなった為に、タイの生産工場の衛生面のチェックなどができなくなり生産が遅れる、またはストップしたのではと思われます。

セブンイレブンのホットスナック「からあげ棒 」の販売再開はいつ?

セブンイレブンは「一時的に買えなくなります」とだけ言及しているので販売はいずれ再開します。

販売再開はいつになるのでしょうか。

「当店人気No.1揚物のからあげ棒ですが、生産国のコロナウイルス感染拡大の影響により『店頭在庫にて販売終了』となります。販売再開の目途は経っておりません」

J-CAST

生産国であるタイからの流出が滞っているということで販売再開の目処は日本とタイのコロナが落ち着いたときとのことです。

日本とタイが両方コロナが落ち着くのはいつ頃?

日本もタイも現在コロナ感染者数が多く、渡航など制限があるようです。

海外出張情報サイトGLOBAL Wifi

タイでは夏頃に感染者が増えて2021年9月では1日あたり15000人もの感染者数が出ています。

からあげ棒の販売再開時期ははっきりとはわかりませんが、まだまだ先になる可能性も考えられそうです。

セブンイレブンのホットスナックはほとんどがタイ産

セブンイレブンの公式サイトを覗いて驚いたのですが、ホットスナックというのはセブンイレブンに限らず外国産が多いようです。

セブンイレブン

セブンイレブンのホットスナックは【北海道男爵の牛肉コロッケ】以外全てタイ産でした。

なぜからあげ棒だけに影響が出たのか?

考察してみた
「からあげ棒」だけに影響が出た理由を考察してみました。
よろしければどうぞ!

棒に原因?

これは私の推測ですが、鶏肉自体には問題がなくて もしかして棒に原因があるのでは?と考えました。

中国で生産された棒を使ってからあげ棒を生産する流れの中で、棒の生産あるいは輸入が制限されるようになったためにからあげ棒が作れなくなったのではないかと思います。

この説だと鶏肉の輸入には問題ないということになるので他のコンビニの揚げ鳥やスーパー、チェーン店で出回るタイ産の鶏肉には問題なさそうですね。

セブンイレブンのホットスナック「からあげ棒」を引き続き買えるエリア

からあげ棒は全ての店舗から消えるわけではなく、1都3県のエリアでは継続して販売しています。

からあげ棒を引き続き買える1都3県

埼玉・千葉・東京・神奈川県

からあげ棒好き筆者
それ以外の場所ではからあげ棒は買えないのか・・・

実は、1都3県以外でも在庫が残ってる店舗では買える店舗もあるようです。

からあげ棒を欲する筆者
探せば見つかる可能性もある!

お近くのセブンイレブンで探してみるのもありですね。

からあげ棒がある店舗を見つけるコツ
  1. からあげ棒が売っていた大きい店舗で探す
  2. 在庫がなくなると売り切れるので早めに探す

ポイントは【在庫がなくなる前に大きい店舗で探してみること】です!

みなさんがからあげ棒を見つけれますように祈っています!

この記事はここまでです。

最後までみていただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事