【心が満たされない人へ】超簡単ですぐ満たされるたった一つの方法

よく生きていてくれました。

初めまして、むーらんと申します。

僕は30代の男性で、15才からフルタイムで働きだし28才で鬱を発症しました。

うつの闘病生活の中で発見した、心が満たされない原因とすぐ満たされるご紹介します。

心が重くなってしまったり、凝り固まったりすることってありませんか?

今回の記事では、そういった人の心を満たすためのたった一つの方法をお教えします。

概要

世の中にはたくさんの病気がありますが、精神疾患の場合は治す方法がなかったり、中途半端なまま治療を終えたりといったことも多々あり悩みを抱えたまま明日を生きている人があまりに多いです。

私もその一人でした。

  1. 孤独になる 浮く
  2. 社会に馴染めない
  3. 聞き取りが普通より出来ない
  4. うまく説明ができない
  5. 人付き合いができない
  6. 体力の少なさ
  7. 会社で間違いを追及してしまって、人間関係が終わる
  8. 会社にいる間、ずっと緊張している

これらをスズメの涙ほどの根性だけで耐え抜き生きてきましたが、極限の限界まできたところで鬱になり(パチンコ依存症にもなりました)1年間休養せざるを得ませんでした。

人や相談窓口などの機関に相談するのも苦手で、いつも一人で悩んでいました。

やっとの思いで、病院に行けたとしても「誰にでもあるから」と薬ももらえずに帰されたこともあります。

「僕は生きていけるのか?もう無理なんじゃないか?」 

生きることを諦めてしまうこともありましたが、ある事をやっていくと、どんどんココロが軽くなり満たされるようになりました。「人付き合いが苦手なら、無理矢理人と接して慣れたら?」とかそういったことでは一切ありませんで安心してください。

前置きが長くなりましたが、重くなっている心に「差し水」をしましょう。

もしあなたが苦手なものがあるなら、そのままでよいのです。

まず心が満たされない人の傾向として「人の話を聞きすぎる」ということがわかりました。

そんな事はないと思っている人も、心が疲れている人は脳に他人の意見がこびりついているはずです。

あなたは世間の意見、医者や先生の意見、インターネット上にある意見、親の意見、兄弟の意見、上司の意見、に対してはどう反応してますでしょうか?

他人の意見を正しいと思い込み、心が疲弊していませんか?

「これは、こうだ。」「これは絶対こうじゃない。」「こっちの方がいい。」そう言われると、確かにそうかも。決してイエスマンではないはずなのに、「確かに」と思ってしまう部分があります。そんな状態が長期間続くと、人間は自分で決めることを自然にやめてしまうのです。これが心の病気の始まりです。

【心が満たされない人へ】超簡単ですぐ満たされるたった一つの方法

「人の為に考えたり、動くことが、自分の為になる」ことです。

すぐに実践できる超簡単に満たされるたった一つの方法

それは.....

心のおもむくままに行動してみること。

これに尽きます。

たったそれだけのこと?

はい、たったそれだけのことなのですがとっても重要なことなんです。

どうゆうことかというと、そうですね・・・僕の場合ですが

車を運転しているときに、対向車線の車のが曲がりたそうにしているときに、合図をして行かせてあげたとき 心がふわっと軽くなり、温かい気分になり心が落ち着くのです。

あなたも、そういった経験はありませんか?

僕の場合はそれが「きっかけ」となりました。

それから僕は、とにかく「気づく」事を最優先に考え、生きていくことにしました。

すると実は気づいて行動できることは山ほどあることに気付いたのです。

  • ツイッターで、いいねだけで済ませず、直接いいねと伝える
  • 知り合いがこれ好きだったな、送ってあげようかな
  • 好きかどうかわからないけど、そんなに高くないしこれ買ってみようかな
  • このセミナー高いな、でも休日に楽しむ感覚で一度聴きに行ってみよう

心のおもむくままに行動することで心が満たされるようになりました。

でも、何をしたらいいのかがわからないと思う人は山ほどいるはずです。

これが心の疲れに繋がる事にもなるのです。

心のおもむくままに行動する上で最も大切なことをお教えします。

重要なのは自分で決めて、動くということです。

少しだけ難しくなっちゃいますが、自分で決めなさい!と僕は言っているわけではありません。

自分の心で決めて、動いてみる。好きをちょっとずつふくらましていく感覚です。

【心が満たされない人へ】 大阪で住みやすい街ランキング2位の理由

少し話が逸れますが、大阪ではコンビニで買い物するときにレジで「ありがとう」という方がたくさん多いと聞きます。先進国の中で一番住みやすいランキングの2位が大阪だということが、

  • 感謝をしやすい、されやすい環境
  • 自分から感謝を伝える事が楽しいという考え

こういった環境、文化があるからに違いありません。特に自分軸から感謝を伝える事が楽しいと思っている人は心の病気になりにくいのです。

大事な事は「人の為に何かしなさい」ではなく「自分の為に、自分で決めて、やる」ことをモットーに行動すれば心も満たされるようになります。僕の場合は、心の病気を克服するのは「自分で決める」のがとても大事なのではと思うんです。

社会や世間の言葉や考えで疲れ果ててしまうので自分の為に、自分で決めてやってみてください。ゆっくりでいいんです。そしてそれは、人の為になるんです。

皆さまの心がどうか軽くなりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事