【エピソード12最終回】ガールズプラネット999で残ったのは誰?

10月22日、ABEMATVでガールズプラネット999の最終回の生放送が行われました。

今回の最終話では、99人のメンバー候補の中から、最終回まで残った18人の内、9人がデビューメンバーに選ばれました。

三か国、99人の参加者の中から、デビューメンバーに残った9人はいったい誰なのか?

デビュー組に残ることができた9人のメンバーと、今回は惜しくも脱落してしまった残りのメンバーについても触れていきます。

【エピソード12最終回】ガールズプラネット999で残ったのは誰?

ガールズプラネット999最終回の放送で、デビューメンバーが発表されました。

デビューメンバーは以下の9人に決定しました!

順位

  1. キム・チェヒョン(Kグループ)
  2. ヒュニン・バヒエ(Kグループ)
  3. チェ・ユジン(Kグループ)
  4. キム・ダヨン(Kグループ)
  5. ソ・ヨンウン(Kグループ)
  6. カン・イェソ(Kグループ)
  7. 江崎ひかる(Jグループ)
  8. 坂本舞白(Jグループ)
  9. シェン・シャオティン(Cグループ)

Kグループが7名、Jグループが2名、Cグループが1名という結果になりました。

日本人メンバーからは江崎ひかるさん、坂本舞白さんの2名が選ばれました。

おめでとうございます!!

ガールズプラネット999で上位9名となった彼女たちのグループ名は

「Kep1er(ケプラー)」に決定しました。

ケプラー??
どういう意味?

Kep1erの由来は?グローバルガールズグループにぴったりの命名

日本では「ケプラー」、韓国では「ケプロ」と読みます。

Kep1erの由来・意味
少女たちを照らす太陽はグローバルガールズグループという夢、 もう一つの太陽はガーディアンたち(投票者や視聴者)の愛。二つの太陽が混ざって誕生したその星の名前が「Kep1er」です。

夢を守るというKeeperという言葉に、最高になるという意味を込めたそうです。

元々の言葉はキーパーから来ていて、グループの夢や視聴者の愛が重なって「Kep1er」となったわけですね。

なるほど!
で、気になるのが「1」の部分なんだけど

Kep1erの1の部分は、「1つとなって最高になる」という意味合いが込められています。これまでに韓国のオーディション番組でデビューしてきた「IZ*ONE」やその他のグループにも1という数字が関与しています。 

また、これまでファン名はTWICEの場合ONCE、IZ*ONEの場合はWIZ*ONEとつけられているので、Kep1erの場合もONE(1)にちなんだ愛称がつけられそうですね!

Kep1erの今後の活躍にも期待が高まります。

前回のエピソード11のおさらい

さて、エピソード11話では、以下の様な順位が発表されていました。

  1. シェン・シャオティン
  2. キム・ダヨン
  3. 坂本舞白
  4. 江崎ひかる
  5. チェ・ユジン
  6. 川口 ゆりな
  7. 野仲紗奈
  8. フー・ヤーニン
  9. ソ・ヨンウン
  10. スー・ルイチー
  11. キム・チェヒョン
  12. カン・イェソ
  13. ヒュニン・バヒエ
  14. ウェン・ジャ
  15. キム・ボラ
  16. ファン・シンチャオ
  17. キム・スヨン
  18. グイン・マヤ

視聴者からはこんな声が上がっていました。

エピソード12ではこのような順位が発表され、上記のデビューメンバーが決定しました。

  1. キム・チェヒョン
  2. ヒュニン・バヒエ
  3. チェ・ユジン
  4. キム・ダヨン
  5. ソ・ヨンウン
  6. カン・イェソ
  7. 江崎ひかる
  8. 坂本舞白
  9. シェン・シャオティン

ーKep1er カットラインー

10位 キム・スヨン

11位 グイン・マヤ

12位 フー・ヤーニン

13位  スー・ルイチー

14位  川口 ゆりな

15位 キム・ボラ

16位 野仲紗奈

17位  ウェン・ジャ

18位 ファン・シンチャオ

【エピソード12最終回】脱落した日本人メンバーはどうなる?

15日の放送時点では日本人メンバーが9位に入っていましたが、18日の中間発表では8位までが韓国人メンバー、9位は中国人のメンバーとなっていて日本人は0人という衝撃の発表がありました。

その後の順位では一時、日本人メンバーの川口ゆりなさんが一位になるなど、最終回を目前に控え、順位変動が激しかった時期がありました。

ファンも今後どのようになるのかという心配の声と、大きな不安を抱えました。

そして、今回の放送で確定した最終順位では、14位に川口ゆりなさん、16位に野仲紗奈さんの2人の日本人メンバーの名前がありました。

今回最終審査まで残り、惜しくもデビューの切符をつかむことが出来なかったこの2人の日本人メンバーの今後についてお話していきます。

今回のガールズプラネット999に参加したことで、注目を集めたことで他の事務所から声がかかりデビューするかも!?と噂があるメンバーも既にいます。

最終審査まで残った日本人メンバーの二人も、他の事務所の目に留まりデビューを勝ち取ることも夢では無いと思います。

また、事前に脱落してしまったメンバーも次々とインスタグラムなどを開設し、新たなステージで挑戦を始めています。

今回、脱落してしまった二人の日本人メンバーもガールズプラネット999に参加したことで、注目が集まりアイドルとは違う場面でも彼女たちを目にすることも増えるのでは無いでしょうか。

今回はガールズプラネット999で無事にデビューを果たした9人のメンバーとそのうちの日本人メンバー。そして惜しくも最終話で脱落してしまった2人の日本人メンバーの今後についてお話してきました。

今回のガールズプラネット999でKep1erとしてのデビューをつかみ取った江崎ひかるさん、坂本舞白さん。

そして、今回最終まで残り、惜しくもデビューを逃してしまった川口ゆりなさん、野仲紗奈さん。

見事デビューを果たした9人も、今回はデビューを逃してしまった90人も、全員が自分の夢を最後まで諦めず挑戦しぬいた尊いメンバーです。

今回のガールズプラネット999に参加した99人全員の今後に期待が高まります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事