【FX専門用語】オープンチャットで使う用語をわかりやすく紹介!

XAUUSD通貨(ゴールド)のエキスパートアドバイザーの瞬速や神速の情報を共有するオープンチャットでは、多くの専門用語を使います。

おそらく、FX界に存在する無数のオープンチャットでは、たくさんの専門用語が飛び交っていることでしょう。

私もぜんぜん知らなかった・・
恥ずかしながら、現在も勉強中です

オープンチャットで使われる専門用語が知りたい!

とお悩みの方のために、今回の記事ではオープンチャットで使われる専門用語をまとめたのでご紹介します!

足りない部分があれば教えていただければ幸いです💦

オープンチャットで使う専門用語集

S〇L〇

SはショートLはロングです。

ショートはSell(売り)ロングはbuy(買い)と同じ意味です。

S〇L〇の〇の部分には数字が記されています。

ポジションの状況をチャットで共有するときにS3L1(売りポジション3 買いポジション1)といった方法で使われていますね!

利確

利益確定のこと。

つまり、FXで利益が発生したという意味で使われます。

1日の総まとめで利確という意味で使われることもありますし、EAの一連の流れで都度利益が確定した場合にも使われます。

オープンチャットだけでなく、Twitterでもよく使われる単語ですね!

ノーエントリー

エントリーをしなかったということ。

つまりポジションを持たなかったことの意味を差します。

注目される経済指標があるときにあえてエントリーをしない人が多く、エントリーするのにリスクが大きい場合は「今日は午後から(経済指標の発表があるので)ノーエントリーです。)という言い方で使われていますね。

DD%

FXのドローダウンとは、資金が過去最高額からどの程度減ったのかを表した数値です。

下落率ともいわれています。

オープンチャットでは、

L5でDD1%です

といった内容で共有されることが多いです。

L5は、ロング(買い)のポジションを5つ持っていることです

DD1%は全体の口座の残高から1%少なっていることを意味します。


つまりロングポジションを5つ持っていて、口座から1%減っている状態というわけですね

ここに注意
DD方式(投資家とFX業者が1対1でやりとりをする手法)とは別なので注意

DD方式は国内FXで使用されることが多いです。

月利

一ヶ月単位の利率や利益のことです。

FXではどれくらい稼いだかを示すパーセンテージとして扱われます。

10万円の元金で1ヶ月1万円を稼いだ = 月利10%
100万円の元金で1ヶ月5万円稼いだ = 月利5%

 

月利が高ければ高いほどEAの評価が高くなります。

利益率とも呼ばれる

おすすめの記事