知らないと損!ドメインオーソリティとドメインパワー違いを検証

ドメインオーソリティとドメインパワーは名前は違いますが、本質的な意味は同じです。

海外ではドメインパワーをドメインオーソリティと呼びます。

ドメインパワーは日本で使われる造語です。

元はGoogleの「ページランク」が語源で、廃止になったあとドメインオーソリティ、ドメインパワーという名前に変わりました。

オーソリティー【authority】 の解説
 権威。威信。

goo辞書

パワー【power】 の解説
 力。能力。体力。「パンチにパワーがない」「パワーのみなぎっている人」
 権力

goo辞書

なるほど、呼び方が違うだけか。
でも、サイトによってドメインパワーが違うときがあるんだ。
それはなぜ?

ドメインをチェックできるサイトによっては、ドメインパワーに違いが出る場合があります。

むー速ドメインパワー<br>

株式会社アクセスジャパン 3

Moz  7

私のサイトでも違いが出ました。

ブロガーがよく使う株式会社アクセスジャパンさんのパワーランクチェックツールでは3なのに対し、海外のMozでは7という数字になりました。

>>パワーランクチェックツール (日本)

こちらのサイトではチェックできる回数が、1日1回のみですがメルマガに登録することで3回までチェックできるようになります。

>>Moz (海外)

こちらは海外のサイトです。ユーザ登録でドメインチェックできるようになります。

ブラウザに埋め込める便利なバーもあります。

なぜ?ドメインオーソリティとドメインパワーで数値が違う理由

むー速管理者
僕の本当のドメインパワーはどれなの・・・

サイトによってドメインパワーが違う理由は「サイトを評価するデータが独自のもの」だからです。

サイトのパワーは、全て一律で決まっているものではなく、あくまで「参考値」ということですね。

どんなデータでサイトを評価しているの?

そうなると、どんなデータで評価をしているのかが気になるところですね。

どうゆうデータで評価しているのかをサイトごとに調査してみました。

株式会社アクセスジャパンのパワーランクチェックツールはどんな独自データ?

パワーランクチェック

・ドメインに対する被リンク数や被リンクの質

・ドメイン取得時からの期間(ドメイン年齢)等

・様々なデータから独自のアルゴリズム

株式会社アクセスジャパンさんのパワーランクチェックツールはSEO観点からドメインの強さを数値化したものです。

(SEO=検索エンジンで上位表示するための最適化手段)

特に被リンクが多いとドメインパワーが上がる傾向にあるようです。

被リンクとは?
被リンクとは外部サイトから自分のサイトへ向けられたリンクのことです。
他人に「このサイトは参考になる」とリンクをつけられるとGoogleに評価され、ドメインパワーが上がります。

1つ注意点があります
評価したサイトは1週間キャッシュされるので同じ評価1週間の間表示されます。
むー速管理者
ジャンルを絞った特化ブログなら、参考になった!と
リンクをしてもらえる可能性が高そうですね。

逆に、トレンドブログは被リンクされるのは難しそう・・

ジャンルを絞ってるブロガーさんは、このパワーランクチェックツールで良さそうですね。

逆に被リンクが難しいトレンドブログのブロガーさんは、パワーランクチェックツールでドメインパワーを上げるのは難しいかもしれません。

実際にアクセスジャパンさんに問い合わせしたら、
ドメインパワーは「被リンク、被リンクの質、ドメインの年齢」
が重要な参照データということでした。
独自データの部分ってなに?
ドメインパワーのスコアを作り上げる要因の1つである「独自データ」の部分は
企業秘密ということで教えることができないということでした。

企業のオリジナルの独自データによってドメインパワーの数値が変わるというわけですね。

アクセスジャパン様からの回答

当店では複数の有料ツールを使いそれぞれが持つ多数の指標に基づきスコアを決め、総合して結果を出しております。

詳細は申し上げることが出来ませんが、パワーが同じでも各種ツールでのスコアまで同じということはほぼ有りえません。
また、スコアもドメインのパワーを決める重要度に応じて配点を決めております。
一律○点というわけではございません。

明確に何が何点ですとまではお答えできませんが、様々な有料ツールの様々な指標を総合的に判断し、独自に決めているのがパワーランクです。

Moz社のMozはどんな独自データ?

Moz社のMoz

・Webサイトが検索エンジンの検索結果で、どの程度ランク付けされるかを予測

・ルートドメインやリンクの総数

・独自のデータなどの総合的判断

Mozは、海外のサイトのツールです。

>>Moz

Mozの起源
Mozは2004年に作られたオンラインコミュニティが始まりでした。SEOを研究するうちにそれがベースとなり発展しました。
有料版なら、細かくチェックできるので便利ですね!
ただ、やはりお値段は月額1万円と高め!

無料版でも十分使えるので試してみてくださいね。

>>Moz

Mozの評価の方法はこちらです。

「サイトが検索結果でどのようなランクかを予測」

・「リンク総数」

・「独自データ」

Mozとアクセスジャパンのパワーランクチェックツールとの違い

評価方法①評価方法②独自データ
パワーランクチェックツールドメイン年齢被リンク、被リンクの質オリジナルデータ
Moz検索結果による評価リンク総数オリジナルデータ

なるほど、こういった違いがあるのか!

だから、チェックするサイトによって数値に違いが出るんだ!

私事ですが、ドメインパワーの評価には例外もあったのでご紹介します。

【検証】アクセス数=ドメインパワー?

アクセス数を稼ぐとドメインパワーが上がる?
  • 被リンクが自身のサイトと同じくらい
  • 記事数は自分の方が圧倒的に多い

なのに、ライバルのサイトの方がドメインパワーがある・・・なんてことはないでしょうか?

私のサイトは現在150件程度の記事があります。

とあるライバルのサイトの記事数を計算したときに80件程度しかありませんでした。

それなのに、ドメインパワーは私のサイトより4つくらい値が多かったです。

言っちゃいけないけど、質で負けたからでは・・?

いえ、自分で言うのもなんですが装飾や行間などライバルのサイトよりは衰えているとは思えません。

では、どうしてドメインパワーで負けたのか?

この場合は単純にアクセス数で負けているということになります。

アクセスが多い記事があると、検索流入があるとGoogleに評価され質に関係せずドメインパワーが上がることがあるようです。

アクセスも重要

アクセス数もドメインパワーの評価の1つ

ただ、やはり大事なのは検索してきたユーザにとって有益かどうかが問題になります。

どのようなジャンルでも検索ユーザ目線で検索者の意図を解決するのがブロガーの仕事であり、Googleに評価されることでドメインパワーが上がって上位表示され、収益に繋がるということですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事