【低糖質レシピで-8kg減】僕が試したアレンジレシピを大公開

こちらの記事では、僕が実際に試して痩せた低糖質レシピを大公開します!

低糖質ダイエットで一番怖いのは「飽きる」ことでした。

飽きないようにするには、アレンジしてとにかくレシピを増やすことでした。

まずはなぜ低糖質が痩せるのかをご説明します!

この記事でわかること
  • 低糖質で痩せる仕組み
  • 実際に試した低糖質アレンジレシピの紹介
  • 実際に試してダイエットが成功したアレンジレシピ本の紹介

低糖質はなぜ痩せるのか?

糖質は体内に入ると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

糖質を多く摂れば摂るほどインスリンが大量に出ます。

インスリンには2つのはたらきがあります。

  1. 血糖値を元に戻そうとするはたらき
  2. 脂肪を溜め込もうとするはたらき

2の脂肪を溜め込もうとするはたらきは、「血糖値スパイク」があるときに1番作用すると言われています。

血糖値スパイクとは白米など血糖値が上がりやすいものを一気に大量に食べると血糖値が上がる仕組みのことです。

低糖質ダイエットは、この血糖値のスパイクをなくし、血糖値をゆるやかにすることによって

インスリンの分泌(脂肪の溜め込み)を抑えるというダイエット方法です。

低糖質ダイエットは血糖値をとにかく上げない!というダイエット法ですね

それでは早速、自分が飽きないようにアレンジしてい食べていたものを紹介します。

低糖質ダイエット中に実際に食べていたアレンジレシピ

うす揚げのピザ風 

レシピ⇒アルミホイルの上にうす揚げをのせチーズをかけてトースタで焼くだけ。(ピーマンとケチャップがあれば尚良し)

豆腐のグラタン 

レシピ⇒豆腐にポタージュをかけて混ぜて、その上にチーズをのせて焼く(8分)

サバの水煮缶詰 

レシピ⇒水煮は炭水化物0の最強食材 チーズとたまねぎをのせてトースターで焼いてもOK

ハム 

レシピ⇒ブロックのハムや、うすいハムは糖質が極めて低いのでオススメです。 

簡単にできるきゅうり、チーズを巻いたりサラダとの相性も抜群です。

  1. その他 魚、肉、葉野菜の 炒め物や煮物

低糖質食材×低糖質食材で簡単に低糖質レシピが出来上がります。

金森式ダイエットで金森さんが推奨している食材

(スクショしておくと便利です)

豆腐

チーズ

肉  (魚肉ソーセージや、普通のソーセージには少しですが糖質が含まれています。)

豆腐、チーズ、卵は近くのスーパーやコンビニで安く手に入るので便利でした。

肉、魚はもともと好きなのでスズキ、鮭、鯛の切り身を塩焼きにしたりフライパンで焼いてチーズをのせたりと楽しくアレンジしていました。

魚の切り身を入れて塩コショウと白ワインと水だけで作るアクアパッツァも美味しかったです🎵

金森式で使用していい調味料

オリーブオイル

マヨネーズ 

 

これらは限りなく糖質ゼロに近い調味料なので、たくさん摂り入れましょう。

逆に糖質が多いのは 「ケチャップ、ソース、砂糖入りのしょうゆ、砂糖入りのみそ」です。

サバの缶詰は低糖質ダイエットの強い味方!

サバの水煮缶詰は本当に便利です。忙しい時はそのままサッと食べれるし、インスタントのみそ汁に入れても凄くおいしかったです。

料理研究家のリュウジさんのバズレシピのあら汁が好きで今でもよく食べてます。参考にどうぞ。

「リュウジ 糖質制限」 で調べると糖質制限のメニューが映像付きで出てきます。

さらに飽きないように糖質制限アレンジレシピ本を購入

「リュウジのバズレシピ」をさらに糖質制限に特化したダイエットアレンジレシピ本も出版されています。

僕も購入しました💡

レシピ1つ1つに糖質量が書いていて、料理を知らない僕でも作れました。

お気に入りは「甘塩鮭のバター汁」「きゅうりの1本漬け」です

>>リュウジのバズレシピ もっと!太らないおかず編

他にもう1つ助け船となった食材を発見しました。

1年で金森式ダイエット-8kg減! おからを試してみることに【動画レシピあり】

皆さんおからパウダーってご存じですか? 

糖質ほぼゼロの食材で、工夫次第でいろんなことに使えます。

例えば

  • 味噌汁
  • スープ
  • 煮物
  • チーズのかさまし
  • グラタンのかさまし
  • から揚げ粉
  • 揚げ粉

などなど様々な料理にかけるだけでダイエットに活用できます。

おからには炭水化物が含まれますが、その中身がほとんど食物繊維の為、たくさん取り入れちゃって大丈夫です。

揚げ粉や、からあげ粉にして鶏肉をあげればほぼ糖質ゼロのからあげができます。

普通のからあげより、ややしっとりしたから揚げですが味は美味しいです。

朝食に困ったらおからのパン

低糖質ダイエットで一番食べてはいけないのは炭水化物が多いごはんや、パン...

だけど、朝食やランチで炭水化物を食べたいときってありますよね!

そんな時に作り置きできるパンを紹介します!

僕が良く作っているものはおからのパンです。

材料はいくつか揃えないといけませんが、上のサムネイルの画像のパン一個で100円程度の値段で作れます。

食パンの糖質26g → おからパンの糖質ほぼゼロ

材料(二人分)

・おからパウダー 15g

・甘味料 15g    (ラカント、エリスリトールなど糖質がない自然甘味料

・ベーキングパウダー 3g

・卵   1コ

・水 or 豆乳  70g (僕は水で作っていました。)

・バニラエッセンス 1~2滴 (なくてもかまいませんが、1~2適たらせば甘い香りが立ちます。)

・オリーブオイル 5g  (無くてもできます。)

・オオバコ 3g      (無くてもできます。)

※オオバコとは食物繊維100%のダイエットの味方。あれば、ふっくら感が増します。水とオオバコと甘味料だけで美味しいわらび餅も作れます。)

を、タッパに入れて、混ぜ

ふたを開けたまま600wで3分で出来上がりです。

冷まして冷蔵庫に入れると、おからの匂いがなくなって甘い香りが立ち食べやすくなります。

体が大きい僕でも半分食べればもうお腹いっぱいになります。

僕が使用しているおからパウダーはこちら

ラカントは値段が高いイメージが強いようですが、エリスリトールは甘さが控えめなので多く使ってしまいます。(砂糖の1.4倍は使う)甘さが強いラカントはそんなに使わないので、コスパ的には同じくらいかなと思います。

一生食べ続けられるおからパンのオススメの食べ方

僕が考えたオススメのおからパンの食べ方を紹介します。

生クリーム

皆さんに、朗報です。

おからパンと生クリームの相性が最強です。

まるで「ケーキ」ではなくて、本当に「ケーキ」になっちゃうんです。

おいしそう!
でも生クリーム・・?
太っちゃうんじゃないの?

金森式ダイエットって?

「断糖高脂質食」といって普段の食生活から「糖質」を排除して、肉、魚、バター、MCTオイル、生クリームなどからカラダに良い「脂」を摂るダイエット法です。

引用:ViVi

金森式ダイエットは生クリームなどの脂質を摂り入れて行うダイエットなので生クリームは低糖質ダイエットにも向いています!

そっか~。生クリームは大丈夫なんだね。じゃあいっぱい食べちゃおう!

生クリームは市販の物を購入していただいて、パッケージに書いてある通り作ってください。

僕は生クリームパック1個に対してエリスリトール大さじ2くらい入れて作っています。

(ラカントでももちろんOKです!)

POINT
  1. 生クリームはパッケージを確認して砂糖が入っていないものを使用
  2. エリスリトール、ラカントなどの血糖値をあげない甘味料を使用すること

さあ、生クリームをたっぷりおからパンにのせて食べてみてください。

糖質制限中に一番食べてはいけないケーキをたくさん食べれる幸せはたまりません。

糖質が極めて少ないおからパンと、糖質制限中に摂り入れたい生クリーム摂取で糖質制限にもぴったりです。

朝食はもちろん、おやつ、ランチにもぴったりです🎵

低糖質ダイエットを続けるコツとしては

・低糖質食材を知ること

・レシピを実際作ってみること

の2つです!

料理を毛嫌いしていた僕でも続けることができたので、皆さんも是非色々試してみてくださいね!

皆さんのレシピがたくさん広がって、ダイエットも成功しますようお祈りしています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事